人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

実は上場企業はここ10年で、5割の企業は株価が上がっている、営業利益も伸びて平均すると新興国並の成長率に見えると聞きました。
全体がよくないのは、残りの大きい上場企業が足をひっぱていると聞きましたが、この話は本当なのでしょうか。

●質問者: surippa20
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●100ポイント

統計では、母群や評価基準を変えることによって、色々な結論を導くことが出来ますので、このような結果を導くのは可能だと思います。

ただ、気をつけないといけないのは、
ここ10年の基準日は何なのか(大納会の日で見ても、この一年でも大きく株価は上がっています。)
経常利益ではなく、なぜ営業利益での評価にしているのか。
新興国並の成長率とは何を指すのか。
全体とは何を指すのか、日経平均なのか、(日経平均の銘柄は適時入れ替わっています)。
残りの大きい上場企業の選抜基準は何なのか。
倒産した企業は省かれているのか、否か。

統計によって導かれた結論は、鵜呑みにしないでもとのデータを確認することが、重要だと思います。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ