人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

大気圏外に出ると、世界中どこでも15分で行けるという話を聞きました。現時点の技術では不可能でしょうが、宇宙飛行船などの性能が向上すれば、物理的には「15分」での移動は可能なのでしょうか?

例えば、ブラジルまで行くのに24時間以上かかる、という話はよく聞きますが、もし宇宙空間を移動することが可能な場合、それが15分の移動になるのか、「いや、もっとかかるが2時間ぐらいだ」なのか、おおよその時間短縮効果を知りたいです。

●質問者: investorschoice
●カテゴリ:科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ニャンざぶろう
●300ポイント ベストアンサー

現時点では地球の裏側まで約45分というのがほぼ限界です。
(実際には西回り、東回り、極方向で違いが出ますが)
15分は現状の技術では無理だと思います。

大気圏外飛行はLEOという軌道を使い軌道上での移動速度は約8km/sです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8E%E8%BB%8C%E9%81%93
地球の1回の周回に約1.5時間を要しますので
その半分の約45分で、地球上のどの地点にでも移動可能になります。
(乗客に対する上昇加速度などの制限により多少長くなるはずですが)

軌道速度を上げて速くしても
その分周回する軌道が楕円になるだけで到着時間は早くできません。


将来技術が向上すれば15分でも到着可能と思いますが
エネルギーが非常に無駄になりますので、金銭的な損得を考えると
現在のほとんどの旅客機が音速より少し遅く飛んでいるのと同じ理由により
メジャーな大気圏外飛行の最大移動時間は45分から変化しないでしょう。


investorschoiceさんのコメント
ニャンざぶろうさん 大変詳しく、且つ、分かり易い回答をいただきまして有難うございます! 45分でも可能になれば、かなりの時間短縮効果が望めますね^^ ありがとうございました!

2 ● bg5551
●200ポイント

現在の技術では有人飛行では難しいですが、仮に弾道ロケット(ミサイル)であっても発射から着弾までを最長距離を15分では難しいかもしれません。
ちなみに弾道ロケットは方式は色々ありますが、高度1000km以上を飛行しますが、スペースシャトルでは300から400kmくらいなため速度は更に遅くなります。
更に発射準備に飛行機の数十倍はかかりますので、飛行時間以外でも時間がかかります。
ただし、将来必ずロケット技術は進歩しますし、今もしています。
地球の裏側まで2時間程度で行ける日が来るのも時間の問題かもしれませんね。


investorschoiceさんのコメント
bg5551さん 飛行する高度によっても変わってくるのですね。アニメや映画で出てくるような飛行機型のロケットが開発されるようになれば、宇宙空間を利用しての移動も夢ではありませんね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ