人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「地下凡下(ぢげぼんげ)」の「凡下」とはどういう意味でしょうか。
「地下」はどこまで、「凡下」はどこからでしょう。

地下人とは、四位以下の者たちですね。ミカドの清涼殿に上がれない人たちです。
四位と五位は貴族ですけれど、地下人が普通ですね。
(三位以上の公卿でも 中には、清涼殿に上がれない人も
いたのかもしれませんけれども・・・)
すると、「凡下」とは、六位以下の者でしょうか。
それとも、正六位上?少初位などの官位すら持たない、少初位未満の者たちでしょうか。

どうぞ宜しくお願いします。
(それとも、官位を持たない者でしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

一般民衆のことのようですね。
凡下 - Wikipedia


匿名質問者さんのコメント
有難うございました。鎌倉時代を目安にすれば、侍は地下、侍未満は凡下と思えば、大体合っているようですね。 参照先はとても参考になりました。武士のような豪族たちでも、御家人でないものは、凡下のようですね。つまり、たぶん、鎌倉幕府滅亡時に活躍した『悪党』たちも、凡下だったのかな、と思ったという次第です。 ただし、御家人の家来でも、一部は、地下みたいですね。北条家の家人である身内人の有力者などは官位はあった筈だと思いますので。

匿名質問者さんのコメント
補足、官位を持たない者のようですね(少初位未満)。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ