人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

虫歯の原因とは、そもそも何なのでしょうか。
虫歯が無い方は、何かの菌がゼロということなのでしょうか。それとも、菌はいるけれど、発症しないような何かがあるのでしょうか。それともその菌に対して、体質が耐性を持っているということなのでしょうか。虫歯をそもそも無くすという発想の薬か研究はあるものなのでしょうか。

●質問者: surippa20
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● jpops
●17ポイント

細菌が糖質をもとに作り出す、酸が歯を溶かすことで 生じます
http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-02-001.html
唾液は酸を中性に近づけたり、溶けかけた歯を修復する役割を持ちます。多くの虫歯は、歯の間や奥歯の溝から発生し、特に溝の細菌は歯みがきでは取り除けません。そのため、歯みがきをしていれば虫歯が防げるという常識は現在では正しくないことが分かっています。



歯の表面のプラーク(歯垢)の中には細菌が存在します。細菌は、飲食物の中の糖分を摂取、分解して酸を出します。この酸により、歯は溶かされます(脱灰)。


2 ● たけじん
●17ポイント

虫歯は伝染病です。乳児の頃までに、親などから接触感染するというのが一般的です。キスとか、噛んだものを与えるとかで、ミュータンス菌は感染します。
http://www.denpro.net/mi-Column/minfo045/minfo045.htm
3歳までは、キスなし、口移しなしです。


3 ● うめぼし
●17ポイント

虫歯が発生するためには、3つの要素が必要と言われています。
1.歯質
2.糖質
3.虫歯菌(ストレプトコッカスミュータンス)

信じられないかも知れませんが、非常に強いエナメル質を持った人が
存在し、さして真面目に歯を磨いていなくても、齲歯が発生しない
ケースがあるようです。
また、糖質が口腔内存在しないと齲歯が発生しません。
そして、虫歯菌が無い場合でも発生しません。
歯の質と糖質と虫歯菌という3つの要素が揃うと、虫歯になるといわれています。
マメに歯磨きをして、食べかすを残さないことと
マウスウォッシュなどで、さらに除菌することで防ぐのが
今のところ最善とされています。

ただ、虫歯菌を完璧に除菌出来るとの話もあるのですが
もしそれが事実だと、歯科医は皆さん廃業らしいので
ストップがかかっているのだとか、まことしやかな噂もありますが。
真偽の程は不明です。


4 ● bg5551
●17ポイント

人は生まれた時には口腔内にミュータンス菌はいません。
その後周りの大人から口移し等で感染します。

1歳7ヶ月から2歳7ヶ月くらいの期間を無事に過ごす事が出来れば、 サングイス菌(虫歯にとっての善玉菌)が定着しやすくなり、虫歯になりにくい口腔となっていきます。
日本人の約9割が感染していると言われています。


5 ● tibitora
●16ポイント

虫歯をそもそも無くすという発想の薬ですが、虫歯菌(ミュータンス菌)を減らすための除菌剤や殺菌剤も開発されつつあり、大人の口では除菌剤を併用したむし歯予防プログラムが始まりつつあるのだそうです。
http://www.h2.dion.ne.jp/~okamoto/sub23.htm
「ミュータンス菌をやっつける!?」の項目に書かれています。


http://keepsmile.info/3ds.html
3DS 虫歯菌を除菌する新しい予防治療法の紹介


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ