人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

認知症を防ぐ方法:認知症は海馬の機能低下が大きいということで、海馬を鍛えるのに、掛算九九、引き算(100から同じ数を引いていく)、シリトリゲームをやっていました。ソースは、26年1月19日の夜9時のNHKスペシャルです。運動をしながら、脳の海馬を鍛えるのが有効だと、いう話でした。
海馬は記憶を司るので、このような訓練をするのだ、と放送で説明があったのですが、掛算九九、シリトリゲームは、記憶に関係するとは納得しやすいのですが、引き算も記憶に関係するのでしょうか。気になりました。
運動をしながらですが、計算問題をいろいろやってみても効果があるのだろうか、知りたいと思いました。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

ワーキングメモリーというのですが、短期記憶よりもさらに短い、知的作業を成立させるための記憶というものがあります。

たとえば引き算なら「繰り下がりが発生したという事実」をちょっとの間覚えておく必要がありますね。ここでワーキングメモリーが働きます。

そういう事情があるので、認知症の重症度判定にも引き算が含まれています。「長谷川式」で調べてみてください。
http://www.ntv.co.jp/gyoten/0709gyoten/sp/hasegawa/

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ