人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

一旦だけでも分祀するという選択肢は、無いものなのでしょうか。

国が宗教に関われないとはいえ、国全体の特別な状況でも、一切できないものなのでしょうか。
あまり詳しく無い人たちは、タブーなので触れないという部分や、ある意味では不思議に感じているのではないのでしょうか。(詳しく無いというよりも全く教えていない、国民に知らせていないという海外から見れば信じられないような状況なのだと思いますが)

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

一時的にできるならずっとできるでしょ。


2 ● 匿名回答2号

国にその権限は無い、って見たことありますね。
国営の神社ではないんで、仮にそういう考えの人が政権を取ったとしても、合祀してる先に「要望」までしかできない、と。
あ、「要望」も、もししたら「国による信教の自由への干渉だ」と批判になるでしょうね。


3 ● 匿名回答3号

以前靖国神社側がキリスト教徒の自衛官を合祀したことを取り消すように求められた裁判で「一旦合祀したら分離できないよ」って主張をしていた気が。


4 ● 匿名回答4号

神主がやると言えばできるし、できない(やらない)といえばできない。
合祀するにしても同じ。これは誰も強制できない。
過去に神田明神では平将門が祭神から外され、昭和になって復帰した例もあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%94%B0%E6%98%8E%E7%A5%9E


5 ● 匿名回答5号

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%96%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BE

靖国神社は大日本帝国の国策で造られましたが、当時の軍人達の精神面での慰労が目的だったと思います。
現在は宗教として独り立ちしているかと言えばそうではない。
軍人遺族会の親睦会のような性格でしょう。
ある意味で宗教ではない。

ただ、そう言う事実を理解できる外国人は少ないと思います。
日本における宗教の精神的な価値の低さや、お付き合いでの入信が可能な新興宗教の信者獲得競争など・・・

宗教というのは外国の常識ではその人の生活全てに関わって、その人の考え方のベースとなり、国家に匹敵する大きな力を個人に対して持つ存在です。
日本では全然違う・・って言っても信じられないと思います。

いったん祀ってしまえば分祀もなにも後付けで、意味が薄れます。
小手先の分祀など不必要でしょう。
それよりも、諸外国の宗教に当て嵌まらない日本の宗教の実体を理解してもらうことが大切だと思います。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ