人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

高校義務教育化に反対ですか?賛成ですか?
自分は賛成です。
本人の意見で決めると言う意見にも賛成です。

理由
・受験落ちた人が働くところがなく、人生のどん底に。(頑張った人も落ちる人は(rt)
・民主的
・増えすぎた私立高校が統一され、減って行く。
・古い友とも別れない
・トラブルがだいぶ減る。


●質問者: ゼニス!
●カテゴリ:学習・教育 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● seigaku

賛成です


ゼニス!さんのコメント
回答ありがとうございます!自分もそう思います。

2 ● miharaseihyou

反対です。

何でもそうですが、国の施策は経済全体から見れば非効率的なことが多い。

全国一律の基準を押しつけようとしますし、官僚マフィアの取り分も多い。
義務教育の延長のような制度になると思いますが、あの年代からは専門分野に進んだ方が人材の育成上絶対に有利になる。
進学者の経済的な負担は一時的に減りますが、人生全体で見れば税金がそれ以上に増える。

義務教育とした場合の縛りも今以上にきつくなり、教育の幅が狭くなる。
一律の教育では豊富な人材の育成は絶対に無理です。
現在の義務教育も、できるだけ縮小した方が理にかなっていると思います。


ゼニス!さんのコメント
回答ありがとうございます。 専門分野を残しつつ、本人の意思で何処行きたいか、選ばせてはどうでしょうか? 義務教育ではなくなるのですが、例えば行きたいか行きたくないか選ばせる制度とか。

miharaseihyouさんのコメント
選択の自由というのはある程度の自分の意志決定ができる能力がないと宝の持ち腐れになってしまいます。 自分の意志や行動に責任を持つことを若い頃からトレーニングしていないと上手く機能しないでしょう。 そのためにも義務教育制度の縮小が望ましいと考えます。 経済力が問題になって初等教育すら受けられない人が大半だった時代に現在の義務教育制度の基礎は作られました。 既に根本から時代にマッチしなくなっています。

3 ● tepmehbokc

反対です。

勉強するために高校に行く人間に対してであれば,税金を出して進学させるのもいいかもしれませんが,勉強もしない人間の,社会的な居場所を作るためだけに税金を使うのは無駄以外の何者でもないと思います。ただでさえ国の財政は逼迫しているわけですし。一律に高校進学を税金負担するくらいなら,むしろ,職業訓練校なり,勉強したくない人間を社会的に有効活用するための受け皿を作るために税金を使ったほうがよっぽど良いでしょう。


ゼニス!さんのコメント
落ちた人の中にも、頑張っていて勉強したい人もいるのではないでしょうか? 本人の意見で決める事で、勉強したくない人を取り除けると思うのです。

tepmehbokcさんのコメント
高校進学率がほぼ100%の現状にあって,勉強する意志があってなおかつ高校に落ちて行き場がないという人は皆無でしょう。それを救うために義務化するというのは牛刀を以て鶏を割くようなものだと思います。 また,本人の意見(意志)で高校進学するかしないかを決められるようにしたいというなら,それは「義務」教育ではなく,現状のままですでにそうなっていると思いますが…。

4 ● ひでき
ベストアンサー

反対です。将棋や、職人をはじめ、中卒から始めないとほんとうの才能が開花しない職業がたくさんあります。少数だだからとそれらの職業につかせなくすることになるからです。大体、高校で勉強することって中学の反復が多すぎます。逆に、中学から大学へ行ける道もつけるべきです。


ゼニス!さんのコメント
その意見には賛成です。 しかし中卒から大学ってとても難しいと思いますよ。

5 ● tea_cup

義務教育化 反対です。

民主的って、『みんなで手をつないでゴール』の事じゃないです。

中学時代のいじめが高等学校に持ち越されるのを『トラブルがだいぶ減る』と表現するのは、どんなものでしょう。


ゼニス!さんのコメント
義務教育になっても、市内の高校は選べる制度があれば解決できそうですが、多分無理ですね。 民主的ではなく平等的に表現を変えるべきでした。 民主主義って国民が主人公って考え方です。 同時に平等って意味もあるのでは?

tea_cupさんのコメント
機会の平等と結果の平等は別物で、結果の平等を保障するのは資本主義とは相容れません。

1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ