人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

とても困っています。出来るだけ早めの回答でお願い出来れば助かります。

パート先診療所で検査の、キャンセル待ちの登録をしているのですが、登録した人がどれくらい、成立したかを月毎に出したいのです。
登録した日と、患者さんが希望して成立した日が月をまたがる事もあってどのように管理すれば成功率を出せるのか、恥ずかしいですがわかりません。
エクセルで管理するようにしたいのですが、エクセルも全くできないのです。今まで事務系の仕事をした事がなく、やっと見つけた仕事なので、パートですが出来ないとは言えなくて。(泣)

非常に分かりずらい質問で申し訳ないですが、些細なヒントでも良いので
どなたか助けてください。

●質問者: hihiror
●カテゴリ:ビジネス・経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sibazyun

まず、言葉の意味の確認を。「成立した」とは、「キャンセル待ちの登録をした人が無事に検査を受けた。なお、検査は、登録時の希望日ではなくてもよい」ということですか。

次に「成功率」は、「どのように出すか」より前に、そもそも何なのか、どうやって定義するか、です。

思うに、ある日(月末)をとってみると、それより以前に登録して、(1)その日より前に検査した。(2)検査はまだだが、希望日もまだだ。(3)検査はまだだが、希望日は過ぎたが、まだ遅れてもよいからといって希望している。(4)検査はまだで、希望日は過ぎたので、あきらめた(あるいは、あきらめていただいた)、などがあるでしょう。そういうのをどう扱うか。

そして、その扱い方はあなたが自由に決めてもよいなら、あなたに手伝って考えてもよいですが、おそらくは事前の決まりがあるのでしょう。

そうなら、その決まりを明確にすることです。処理方法を考えるのはその後です。

P.S. 「エクセルもできない」ですが、他人が作ったエクセルの表に、指示にしたがって数字を入力するという作業もできない(やったことがない)のか、それはできるが、表をあたらしく作る(定義する)ことや項目どうしの計算式の設定ができないのか、のどちらでしょうか。数字の入力もできないのだと、説明してもむなしい気がします。


hihirorさんのコメント
早々の回答ありがとうございます。 自分の中でもきちんと理解が足りないようで、上手く説明できずにすみません。 成立は、本人様の登録した希望日でのみをさしています。 例ですが、1月に、3月の日にち指定で登録した人が希望日で成立した場合のみを成功率としたいのです。 希望日で、空きが出ない場合は本人様の再度の登録がなければ、ウェイティングには登録しません。 エクセルは指示に従っての入力程度は出来るのですが、表を作ったり計算式の設定が出来ません。

sibazyunさんのコメント
・指定日のみ、というのはわかりました。 ・指定日は、登録日からいくら先でも(極端なはなし、3年後でも)よいのですか、 それとも、たとえば最長3ヶ月先とかありますか。 ・「成立したかを月毎に出したい」とのことですが、それは、登録日対応ですか、 それとも指定日対応ですか。 ・登録日対応で3年後も可とすれば、3年たたないと統計はでないですね。 ・指定日対応だと、登録日がいつでも、その指定日が過ぎれば、統計はできますね。 ・指定日に、患者都合でこれなかったのと、病院都合でだめだったとの区別はどうなっていますか。

hihirorさんのコメント
・指定日は、年度で登録となります。 4/1〜から翌年3/31です。 ・指定日対応と思うのですが… ・本人様都合と、病院都合は区別せずに不成立でカウントします。

sibazyunさんのコメント
それでは、電卓とエクセルの並び替えボタンは使うが、数式設定を全くつかわない方法を考えてみました。(なれれば、電卓の代わりに数式設定でいけますが)。 基本的に1人に1行を使います。 ・A欄を、申し込み日付として、月日を3ないし4桁で、2月3日なら203、12月23日なら1223といれます。必要ないかもしれませんが、実は後で「並び替え」をしたものをもとに戻してチェックするためのものです。 ・B欄に、申込者の名前(とか、申込者番号とか、人を特定するもの)を入れます。検査日になって、その人が検査したかどうかが分かるようにです。 ・C欄に、検査希望日を、やはり3ないし4桁で入れます。なお、年度ということなら、検査希望日が1日後でも年度をまたがるなら、希望日の年度ごとに作るとよいでしょう。 ・D欄に、検査希望日に検査を受けたなら、その3ないし4桁の日付をいれ、受けていないなら空白のままとします。空白は数値の0として扱われます。もちろん、病院内部のデータとして、だれが該当日に検査を受けたかはわかっているという前提です。 ところで、何百人かいる検査希望者の内で、特定の日(たとえば2月3日)に検査を受けた人を選び出すのはたいへんですね。それを簡単にするのが「並び替え(A-Z)」の機能です。 エクセルのバージョンにより違いがあるとおもいますが、上の挿入とか削除とか検索とかとならんでボタンがあるとおもいます。 そこで、まずC欄(検査希望日)をクリックして選択しておいて、並び替えの「昇順」を押します。そうすると、「選択範囲を拡張する」か「現在選択する範囲を並び替えるか」が出てきますので、「選択範囲を拡張する」を選びます。すると、日付順(101から1231まで)の順に並びかえられます。そこで、3月なら301から331までが順番にならんでいます。 「電卓」といったのは、最初の301の行数と、最後の331の行数を読み取って引き算して1を足すことで行数、すなわち3月の検査希望者数がわかります。 同様に、D欄(検査実施日)で並び替えれば、3月の検査実施者数がわかります。 比率なら、電卓で両者の割り算をすればよいわけです。

hihirorさんのコメント
具体的に分かりやすく説明して頂きありがとうございます。 自宅にはパソコンが無いので、アタマの中で何度も反芻してみました。 明日職場に行ってから、チャレンジしてみます。 何分経験がないので、時間がかかってしまうと思いますが、がんばってみます。 分かりずらい質問に、お答え頂いて感謝します。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ