人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

昔、宮沢りえの写真集販売を機に、日本ではヘアヌード解禁になりました。
その裏事情が知りたくなりました。
あれは、写真集の販売側が行政に確認して、ヘアヌードOKの内諾を得た上で企画や撮影、販売をすすめていたんでしょうか。
それとも、認可されないかもしれないリスクを覚悟で販売に踏み切ったんでしょうか。

行政の方針がそう簡単に変わるとは思えないのですが、どういう経緯で緩和されたかに興味があります。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

宮沢りえではなく樋口可南子の写真集を機に解禁

建前ではあるがエロヌード写真集ではなく芸術的ヌード写真集として販売したので黙認された
カメラマンが篠山紀信という超有名大物芸術写真家だったことも理由のひとつ
http://www.operacity.jp/ag/exh145/j/biography.html


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。なるほど、樋口可南子の写真集で実質解禁になったんですね。樋口可南子の写真集の時は発売禁止を覚悟でなかばギャンブルで販売しはじめたんでしょうか。それとも、行政とのネゴはあったんですかね。

匿名回答1号さんのコメント
警視庁から「警告」を受けているのでなかばギャンブルだったともいえる
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ