人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「見当もつかない」の使い方について教えてください。

「今回の災害においての被害総額は見当もつかない。だが、相当な額になることは確かだ」は正しいですか?「どんな問題が出るか見当もつかない。でも難しいことは確かだ」はどうでしょう?

このように、最初に全くわからないと言っておいて、・・は確かと言ってもよいのでしょうか?できれば、例文といっしょに教えてください。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:学習・教育 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

はい、良いとおもいます。最初の例でいえば、被害額は10億円台か20億円台か
30億円台か。。。とわかれば「20億円台と見当がついている」といえますが、
それもわからない、しかし、「億円」を越えれば「相当な額」は確かでしょう。
3.11の津波の被害、原発の被害なんてそうですね。ことによると100億円台か、
1000億円台か、1兆円台かもしれないし。。。


2 ● 匿名回答2号

通常の場合「見当もつかない」の前提条件があります。
省略するか、丁寧に付けるか、目的によって選択可能です。
例えば、「現時点では」「全く」などを前振りで付けることが可能です。
付けた方が自然な場合もあります。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ