人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ニーチェの著作に「精神は肉体の玩具に過ぎない」という一節があるとききました。この一節の出典、また、そのような文脈でこの一節が語られたのか、教えて下さい

●質問者: rosaline
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
ベストアンサー

『ツァラトゥストラはこう語った』

Thus Spoke Zarathustra (Illustrated)

Thus Spoke Zarathustra (Illustrated)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%A9%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%86%E8%AA%9E%E3%81%A3%E3%81%9F

第1部
ニーチェはツァラトゥストラが町にて説教を行うことを記述する。美徳を論じる偽善者、プラトン主義や伝統的な形而上学を論じる背面世界の論者、または身体の軽蔑者をツァラトゥストラは批判する。そしてツァラトゥストラは魂を重視するがあまりに肉体を軽蔑する論者に対して、肉体が内包する根本を明らかにしようとする。
ツァラトゥストラにとって肉体そのものがひとつの大きな理性であり、精神とは肉体の道具に他ならない

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ