人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

モビルスーツのパイロットは搭乗中のトイレはどうしてるんですか?
現実の宇宙飛行士や、SR-71 のような特殊な航空機のパイロットはオムツをするようですが、モビルスーツのパイロットも同じですか?
だとすると、ノーマルスーツの内側はかなり臭いんでしょうか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:科学・統計資料 ネタ・ジョーク
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

空想科学研究所に相談されてみては如何でしょうか。

http://www.kusokagaku.co.jp/


2 ● 匿名回答2号

大型機は別として、我々小型機の搭乗員は飛行中の用便には苦労しました。まず海軍は、 飛行術練習生の時から身体の方を順応させます。午前飛行作業の場合には、朝食の水分を 控え、午後飛行作業の場合には昼食の水分を控えます。そして、約4時間の飛行作業中、 用便は我慢します。これで4時間程度は用便なしで行動できる体質ができあがるのです。

ssb

匿名質問者さんのコメント
回答有難うございます。なるほど。本物の軍用機のパイロットは用便のリズムを体を慣らすことから訓練なのですね。しかし、戦闘中は相当に水分を消費するでしょうに、搭乗前に水分も控えないといけないとはかなりの難題ですね。苦労がしのばれます。また、恐らく、現代の戦闘機でも事情はそれほどかわらなさそうですね。SR-71 の搭乗員の場合はそれ以上に厄介ですし。

3 ● 匿名回答3号
ベストアンサー

状況だけから推測しますが、パイロットスーツにはおそらくオムツは入っていません。

まず、シャアのように軍服のまま搭乗していたパイロットもいたことから、内蔵オムツなしでも大丈夫でないといけなかったはず。携帯簡易トイレを積んでいただろうということです。

パイロットスーツは現代の宇宙服と違ってファスナーをおろすだけで着脱できるものです。
http://blogs.yahoo.co.jp/yqsbc547/GALLERY/show_image.html?id=63512303&no=6
着脱の手間はスキーウェア程度でしょうか。
これなら、携帯簡易トイレが操縦席内にあれば十分ですね。

すると、パイロットスーツ内にオムツはないであろうと結論できます。


匿名質問者さんのコメント
ご回答有難うございます。なるほど、ノーマルスーツは現在の宇宙服と違って簡単に着脱できることを見逃していました。また確かにシャアはあの軍服の下にオムツをしていたとは考えにくいですね。携帯簡易トイレと専用のゴミ箱くらいであれば、コックピットにあっても不思議ではないですね。

4 ● 匿名回答4号

宇宙で戦争をする時代ですから、
薬物や何かで便の排泄時間くらい調整できそう。
それでなくとも、出撃プランに合わせた食生活になるでしょうし、
下痢の予想される体調不良時は出撃禁止です。
・・・スクランブル発進の時はあきらめましょう(人間の尊厳を)。


匿名質問者さんのコメント
ガンダムの主人公たちの出撃は大抵スクランブルですので、薬物での調整はなかなか難しそうですね。しかしまあ、通常の出撃であれば確かに薬で調整しているのはありそうですね。 スキューバダイビングでは、海の中でスーツを脱いで用便をたすのはなかなか高度な技ですが(結構大変です)、ベテランともなるとそれくらいのわざを身につけています。(ドライスーツだと不可能ですが) ガンダムの世界のパイロットもコックピット内でノーマルスーツを迅速に脱ぎ捨て、うまく用便をたすのも身につけるべきスキルの1つになっていそうですね。

5 ● 匿名回答5号

当然ながら、長時間着用する宇宙服には排尿パッドが装備されています。
固体の方は現在の所は無理だそうです。
身体中を気密服で密封しているわけですから、自分の臭いは「必ず」します。
おしっこする前まではアンモニア臭はそれほど酷くならないようです。


匿名質問者さんのコメント
回答有難うございます。なるほど、今の宇宙服には排尿パッドがあるんですね。排尿パッドがどういうものかわからなかったので調べみました。 http://swandove.blog.fc2.com/blog-entry-189.html 昔はコンドームが利用されていたんですね。コンドームなので外に漏れることも少ないようです。今の排尿パッドも同様に宇宙服内にはあまり漏れないのでしょうね。アンモニア臭もあまりしないと聞いて安心しました。不快な臭いが充満するようでは作業効率にさしつかえそうですからね。

匿名回答5号さんのコメント
排尿パッドは、要するに、吸水材を効果的な形に成形して股間に貼り付けたものです。 基本的にはパンパースやムーニーちゃん。 宇宙服は今のところオーダーメイドですから、個人に合わせて形や位置を調整するようです。 SFの世界では循環型で完全再生利用という設定もあります。 その場合は吸水は不可能で、身体全体の水分を循環させる・・再生された水はこまめに飲み干す・・って前提で、全ての水分と有機物を回収再利用するギミックが付属します。 超長期の補給の無い宇宙空間での生活では完全に再生利用しないと枯渇=全滅します。 臭いについては・・・我慢すると言うよりも慣れる・・と想定されているらしい・・。 着ぐるみのアルバイト君も・・まあ、死にはしないし・・給料良いから・・何とか我慢して「慣れる」ようです。

匿名質問者さんのコメント
なるほど。完全再利用も宇宙世紀なら宇宙服レベルでもできると考えてよさそうですね。 臭いはすごそうですが、考えてみれば現代でも通常型の潜水艦は相当な臭いがするようですし(圧力の関係で、トイレの処理を誰かが一回でも間違うと艦内がウンコだらけになるくらいですし)、宇宙世紀の軍人ならアンモニア臭程度を我慢するのはなんでもないことかもしれませんね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ