人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

プログラミングにおいての圏論
Haskellなどの紹介に出てくる圏論ですが、どういう役割のもので、学ぶとどういったメリットがあるのでしょうか。
ざっと見てみたところ、数学を抽象化するためのものみたいですが(違っていたらすみません)。自分が期待しているのは、各種アルゴリズムを抽象的に扱えるようになるのかなということなんですが、そういった効果はあるのでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:コンピュータ 学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

HaskellやScalaで,モナドを理解・利用するために役立ちます。
いきなり下地となる理論である圏論にぶつかるよりも,まずは,モナドのメリットは何か,という点を考えるのが近道です。


「圏論」は関数プログラミングの「モナド」に役立つ。入門PDF等のリンク集 - 勉強メモ
http://d.hatena.ne.jp/StudyGuide+Memo/20140403/p1
>モナドは言うまでもなく Haskell の極めて重要な概念であるが、実はこれらは本来圏論に由来するものである。モナド は圏から同じ圏への関手であり、さらにいくつかの追加の構造を提供する。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ