人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

現学生。今自己嫌悪のようなものに陥っています。
原因は、ふとしたことで、過去にやらしてしまったことを思い出したのがきっかけに現在の状況になりました。ここ約1年の間に、あーもう、自分何やってんの?怒、という行動をしてしまいました。私はいつも、やらかした後に気が付くことがとても多いです。でも気が付いたときにはもう遅い、ということもしばしありました。私ってなんでいつもこうなの?、また人に迷惑を掛けてしまった、傷つけてしまったなどの色んな思いが頭の中でグルグル回っています。気を付けようとしても、そうなってしまう自分に怒りと悔しさが入り混じって、毎日泣いています。この負のスパイラルからどう抜け出せばいいでしょうか。色々な意見をお待ちしています。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

自分も時々、あなたのような状態になってしまう事があります。
学生は色々な人に迷惑をかけますし、しっぱいは誰でもする事です。
次はこうすればいいじゃないか、などや、後からあの時はごめんね、などといった事をしたりすると、少し楽になります。
傷つけてしまった人は、全然気にしていないかもしれませんよ?
もうわすれていたり、つらかったのはその時だけという事もあります。
もっとポジティブに考えれば、楽しく、楽になりますよ。
あくまでも、自分の意見ですが。


匿名質問者さんのコメント
回答ありがとうございます。 確かに相手はもう気にしていないかもしれませんが、自分がそういうことをしたことに許せずにいます。しかし、最近やっていることがあります。 私ネガティブ思考なので、ポジティブな考えをすぐには出来ませんが、最近、ネガティブからポジティブに置き換えるということをしています。それを続けて行けば、何か生まれてくるかもしません。 その他のアドバイスもありがとうございました。

2 ● 匿名回答2号

ひととおりしっかり思い出して反省したら、余計なことを思い出すひまもなく勉強して働いて風呂はいって寝るだけでいつか忘れられます。ただ、何かをしているときに必ず思い出すことがあるのであれば、それは意識的に避けた方がいいです。


匿名質問者さんのコメント
回答ありがとうございます。 言われてみれば、何かしているときに思い出すときがあります。気を付けます。 その他アドバイスもありがとうございました。

3 ● 匿名回答3号
ベストアンサー

40代半ばのおばさんです。

1)失敗から学び、それを教訓に生かしましょう
2)自分がされて嬉しいと思う事をすることや、思いやりや気配りを心がけましょう
3)辛いけれど、ミスや失敗したときは素直に謝りましょう
4)大事な発言や行動の前には深呼吸して頭の中で整理整頓してから取りかかりましょう

時間は戻りません。前に進むしかない。
だから、この先、なるべく人を傷つけたり、ミスを起こさないよう気をつけるしか無いのです。
後悔なんか無く、ミスもしない、誰にでも好かれるなんていう完璧超人はこの世に居ません。でも、努力することはできると自分は信じています。
今まで10個の行動なりすると、4か5あった失敗や後悔が、3か2に減るだけでも、かなり変わってくると自分の経験から思います。

社会人になった時、上記の事がしっかりしているか否かで社内だけでなく、取引先への心象はかなり変わると思います。
先輩も失敗しながら学び、それを後輩に伝えて下さるのです。自分の先輩がそうでした。感謝しています。
「オペレーションマニュアル」だけでなく、「事故事例集」のようなものがあったりする職場もあります。入社後、そういうのがあるかチェックして見て下さいね。

「失敗を怖れてはいけない」という言葉はありますが、やっぱり、出来るだけ失敗しないように仕事したり、生きていきたいですよね。
そのために、自分の失敗や、事例集や先輩の言葉などからグングン学んで欲しいと思います。

今だけで無く、いつか迎える将来のことを含めて書いてみました。
大変だけれど、頑張って下さい。

id:Kaoru_A (今でも失敗したり、転がりながら生きてるおばさん)


匿名質問者さんのコメント
回答ありがとうございます。 読んでいて、確かに、なるほどと思うことがたくさんありました。 2,3年後にはおそらく社会に出ていると思うので、また再びこの回答を読んで、前に進んでいこうと思います。 長文に渡り、丁寧な回答をありがとうございました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ