人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

バイトテロリストは存在しますか?
バイトテロによる炎上が問題になっていますが、バイトテロの定義はテロリズムではなくリテラシーの低さによって引き起こされる事故ですよね。
では、最初からテロ目的でアルバイトとして潜入し、バイト先の不利益になるような炎上行為を行った事件(あるいは物語)はあるでしょうか?
(そもそもそれはスパイと呼ぶのでしょうか。)

●質問者: Butchi
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● kicr-pp

そんな人間はいないと思います。
というよりいないと信じたい!


2 ● miharaseihyou

営利目的で営業妨害・・ってかなり昔のヤクザの営業だけどな。
当時は店前に汚物をぶちまけたり、客に因縁つけたり・・バブルの頃の地上げの手口。
今では裁判で負けたら組長に損害賠償が行くので、かなり払わないとやらないと思う。
つまり、やらせるには割が合わない。

自己満でやるには特定企業に恨みがないとやらないだろう。
・・となると、ブラック企業は的になる可能性がある・・か?
鬱病で病院通いしたり、身内が自殺したりした人は数多い。
ただし、特定の事件がそうだって言う証拠は今のところ無いようだけどね。


3 ● seble
ベストアンサー

その昔、戦争に負けて進駐軍があちこちでハバを効かせていた頃、バイトテロが存在していました。
無条件降伏した以上、武力テロはできません。というか、軍部は地下にさえ存在しなかった、復活した警察予備隊はアメリカ帝国主義者の子分でしたし。
そこで、名誉ある日本人は、進駐軍キャンプで働きながら嫌がらせをしたのです。
食事につばを入れる(セコイな、w)フケを入れる、半ナマにする、わざと味付けをおかしくする、掃除を手抜き、チクチクチク、
バカなアメリカ人は、疑いつつも日本人はチビだから能力も低いのだろう、仕方ないとイライラしつつもあきらめていました。(う?む、いじめがいのない)
しかし、一方で事あるごとに共産党を弾圧し、
(進駐軍に刃向かうのは、戦争を先導した右翼や軍部より、戦争反対だった左翼だけでした)
各地でえん罪事件や弾圧事件を起こしました。


miharaseihyouさんのコメント
あの程度では実質的な損害を与えるのは不可能だからテロとは言わないような気がする。 サボタージュかな?
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ