人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

米国特許権取得に幾ら位かかると思いますか。理由付きで以下から選んでください。
日本の特許事務所に依頼し、その日本事務所はアメリカ代理人に依頼することが前提です。
日本語明細書と翻訳は、日本の代理人に書いてもらいます。
2回くらい拒絶理由通知が来て、代理人に方針を言って対処してもらいます。
アメリカ特許商標庁の費用と日米代理人の費用の合計です。
特許査定になったら最低年度数の特許料納付です。
簡単な選んだ理由などコメント付きでお願いします。
(1)1?3万円
(2)3?10万円
(3)10?30万円
(4)30?100万円
(5)100?300万円
(6)300?1000万円
(7)1000?3000万円
(8)3000万?1億

●質問者: jackal3
●カテゴリ:ビジネス・経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● エネゴリ
●25ポイント

下記リンクのような料金から少なくとも30?100万円万円ぐらい必要だと思います
http://usa-patent.jp/fee.html
http://www.ginzapat.com/kanri/uppdf/nj_pdf39.pdf


2 ● kicr-pp
●25ポイント

おそらく約50万?100万円位でしょう。
参考ページhttp://h-pat.jp/chizai-service/foreign-patent


3 ● なぽりん
●25ポイント

http://www.uspto.gov/web/offices/ac/qs/ope/fee010114.htm

請求項数がわかれば米国特許庁の料金はだいたい算出できます。ただ、手続きが遅れる間に法律が改正される可能性があり絶対とはいえませんし為替が変動します。安いミニマム制度などはよほど簡単な使い捨て発明以外には使用すべきではないとおもわれます。
出願手数料280ドル サーチ手数料600ドル 審査手数料720ドル 設定登録手数料960ドル
これらを合計して2560ドル 現在の日本円にして現在26万円。
(これは取れる特許のカバー範囲が狭めなので技術力重視企業ならもうすこしオプションをつけたほうがよさそうですが、仮想的な計算です)。

出願書類を弁理士に書いてもらうのに一件30万円前後がかかります(国内の場合)。
米国では形式が違うので書き直しと産業翻訳手数料でほぼ同額とられるとおもってよいでしょう。
したがって拒絶理由通知2回が14万円(激安?)とごくおおざっぱにみつもっても(4)は超えますので大体(5)であるとおもってよいでしょう。
(さきほど申しましたが企業体質にもよりますが(6)のような額が日常化している業界もあります。
1件のやりとり書類をダンボール1杯二杯と数えるような大型発明の特許も従来出願されています。)

http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/ryoukin/hyou.htm(参考 日本特許庁料金)


4 ● vekustr
●25ポイント

米国特許庁
http://www.jpaa.or.jp/about_us/organization/affiliation/kokusai/gaiko
http://www.uspto.gov/web/offices/ac/qs/ope/fee010114.htm
2014年から大幅に値下げされています。
30?100万円くらいはかかると思います。

kujouhou/report/usa/pdf/USPTOChargeChange.pdf

http://www.uspto.gov/

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ