人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

新設される【地方法人税(国税)】と、前からある【地方法人特別税】の違いはなんでしょうか。税負担額は変わらないといいますけれど、実際のところ、算数的にそう言えるのでしょうか???。つまり、課税標準に税率を乗じて求めた結果の金額は、地方法人税の新設前と新設後で、計算上、同じなんでしょうか。ぱっと目では違う結果が出そうに見えます。


地方法人特別税が創設されたときも、税負担は変わらないと言われましたが、
パッと目で計算式(税率掛けて算出のところ)を見て、算数的にみて、
本当に、変わらないといえるのか、疑問に思っていました。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ