人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人間ドックで、脂肪肝と出たのですが、運動しなさい、とのことでした(1年後に再検査すればよいということでした)。運動しないと、脂肪肝になるという、その仕組みを教えてもらえませんでしょうか。また、運動ですが、脂肪肝に対し、効果的な運動について、ご助言頂ければ幸いです。運動で、脂肪肝が解消されるなら有難いことです。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

女性ならこちらがお勧めです。
女性だけ・年齢不問。30分フィットネスで健康ダイエット! - カーブス

体内で余ったカロリーを蓄えるのに皮下脂肪と脂肪肝(メタボの一種)とありますが、中年期以降は脂肪肝になりやすいです。
筋肉は代謝をあげ、寝ているだけでもカロリーを余分に燃やします。
適度に運動をして筋肉をつければ、24時間ずっとカロリーが余分に燃やされ、
太りにくくなります。
また、身軽に動ける体を手に入れて、散歩、ウィンドウショッピングなどが苦にならないようになれば、その分飲食での楽しみを減らすことにもなります。
ストレスなどによる鬱病も減らしますので、ストレス食いも減らします。

お医者にしてみれば、現状甘い物もお酒もやっていないという人には、残る
適度な運動しかアドバイスができないという事実もあります。
お医者さん自身が医者の不養生なことも多いですから
なかなか真実みのあるアドバイスはもらいにくいです(時間も短い)。

一方で、運動をやりなれている人は健康ですから病院にいるわけがなく、
そこらへんで元気にくらしているのです。
医者よりずっとQOLや運動のやり方に対する意識が高いです。
ジムなどにいくと医者よりいろいろ有用な話をきけますよ。


匿名質問者さんのコメント
詳しいご助言を有難うございました。 「ジムで有用な話」ということですけれど、インストラクターから伺うのでしょうか。 また、通っているベテランの方たちとも親しくなる必要がありますね。 ちなみに、私がたまに(ごくごくたまに)行くジムは、20代の人たちが多くて、あんまり親しくお話はできそうになりです。ジム選びにはそこもポイントなのかなぁ?と思いました。

2 ● 匿名回答2号

脂肪肝はインスリンというホルモンの過剰が原因として重要です。インスリン抵抗性という状態が背景にあるためインスリンが過剰になるのです。食べ過ぎだけでなく、飢餓状態や、炎症性腸疾患で脂肪肝になるのもインスリン抵抗性が生じるためです。

このインスリン抵抗性を解除するには運動がとても重要です。食事をいくら制限しても効果には限界があります。

一方、脂肪肝の中にはNASHという病気が紛れ込んでいることが多くあるので医師の指示をお受けになってください。

難しい理論なので医師でも理解している人は多くはありませんし、疑問をお持ちになるのも当然のことです。非常に簡単に書いてしまいましたが、キーワードはインスリン抵抗性です。お役に立てば幸いです。


匿名回答2号さんのコメント
効果的な運動について書き忘れました。ウェイトトレーニングをして筋肉量を増やすことが必須です。週2回、ウェイトトレーニングを30分して、その後1時間脂肪を燃焼させるための運動をし、プロテインを飲む、というようなサイクルで行いますと効率的でしょう。

匿名質問者さんのコメント
有難うございました。 「飢餓状態や、炎症性腸疾患で脂肪肝」ということですが、少しダイエットを厳しくやったので飢餓状態だったかもしれないです。それと、腸ではないのですが、消化器に炎症(食道です。逆流性食道炎のことだと思います)が起きています。 というわけで、インスリン抵抗性の関係で、「運動」の重要性が高いわけですね。 NASHですが、これは、人間ドックのフォローということで、お医者さんに聞いてみます。有難うございました。

匿名回答2号さんのコメント
食道の炎症は幸い脂肪肝と関係はないので大丈夫です。アルコールは高インスリン状態を作り出すので別の脂肪肝の原因となります。(AFLDと言います。これは放置で肝硬変に進行するのでアルコール制限が基本となります) 飢餓状態でも脂肪肝は進行する為、こまめなダイエットの繰り返しで悪化しているケースを良く見かけます。注意が必要です。 スポーツジムではパーソナルトレーナーが知識が豊富です。良く勉強をしている人たちと話すのは勉強になることも多いです。病院ではOT(作業療法士)の人々は元運動選手が多いんですよ。彼らの知識には脱帽です。最近ではそういう運動指導と医療が組み合わさったクリニックもあるようですね。

匿名質問者さんのコメント
有難うございます。 残念乍、私が通うスポーツジムは、公営のもので、トレーナーの方は、器具の扱いの質問など受け付けていますが、パーソナルトレーナーという専門的な方ではなさそうです。ただ、私よりは相当詳しいとは思います。 病院の話も有難うございます。私が病院に行く時は、風邪や何かの時ばかり、つまり、通常の保険診療のときばかりで、ダイエット関係で伺ったことはないのですが、そのためか、OT(作業療法士)の方と接する機会もなく、以後、注意してみようと思います。運動指導と医療が組み合わさったクリニックですが、探してみたいと思いました。

匿名回答2号さんのコメント
はい、医師への紹介状が出なかったという事はご自分の努力で改善できそうだと判断されたということですので、どうぞ頑張ってください。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ