人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ウィキペディアで中国史関係見たのですが、わからないところあったので教えて欲しいのですが。
「光禄勲」というのを調べた結果で、次のとおりでした。「郎」には、「議郎」「中郎」「侍郎」「郎中」と上から4階級があるのはわかりましたが、『秩禄比六百石』とはどういう意味でしょう。『秩禄』が六百石ならわかるのですが、『秩禄比』というのでよくわかりませんでした。
また、「中郎将」、「郎中将」というのは、「郎」とどういう関係かわかりませんでした。


●郎 - 宮門の守衛を管轄し、皇帝の巡幸の際には車騎に乗った。
議郎、中郎(秩禄比六百石)、侍郎(秩禄比四百石)、郎中(秩禄比三百石)がある。
定員は無く、多いときは千人置かれた。

●中郎将 - 五官、左、右の3将がある(いずれも秩禄比二千石)。
●郎中将 - 車、戸、騎の3将がある(いずれも秩禄比千石)。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ