人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

建築関係の方に質問です。
建物を建てるときに、図面が必要になると思います。
その図面を製本にして使うと思うのですが、求める製本のクオリティはどれくらいでしょうか?
製本も、施工図や竣工図があると思います。施工図であれば、何度も開くので頑丈さがあるといいのか、竣工図であれば頻繁には使わないので、クオリティよりも安いほうがいい、など。



画像参考URL http://www.aoi-k.co.jp/main.htm
よろしくお願いします。

例)

1398328400
●拡大する

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

私は何でも屋ですけど、図面では苦労しました。
結論から言うと、図面は信頼の置けるプロに書いてもらうべきです。
普通はB2とかA2とかの大判の書式で、専用の上質紙が使われます。
何十枚も重ねて全体図やら部分図やら細かく指定します。
材質や工法の指定が書き込まれることも多い。

建設現場だけでなく、竣工後も、修理や改造、解体に際しても設計図は貴重な唯一の資料です。
隣地の造作などで数十年前に解体した建設物の設計図が役に立つことさえ有ります。
従って、酸性紙は使用を避けます。
できればPDFのデータを別枠で確保するべきですが、紙の資料が信頼性の面で言えば一番確実です。
関係する全ての人にとっての唯一の資料として保護されるべきなのです。

なお、設計図のクオリティーですが、何かあったときに使う物なので、何もなければ普段は意味のない書類の一つです。
しかし、修理や改造や解体・・これらは建設物が存在する何十年にもわたってついて回ります。
その時になって現物調査する必要があった場合は、それだけで多額の予算措置が必要になることさえ有ります。
できるだけクオリティーの高い詳細な図面が残っていれば圧倒的に手間暇が省けます。
と言うわけで、予算を削るべきではない分野だと思います。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ