人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

クロスバイクで急ブレーキをかけたら、前に吹っ飛びました。救急車で運ばれ、現在は右腕が黄色地に紫で、ポケットに入れていた財布の小銭入れがパンクし、再起不能です。
減速中の急ブレーキだったのでそれで済みましたが、質問ですが、

・この様な事は、よく知られた事なのでしょうか。私は知りませんでした。
・他に、クロスバイクで知られていない、知るべき事は無いでしょうか。(こちらは、あまり強く答えを求めません。)

よろしくお願いします。

●質問者: kuwadgi
●カテゴリ:趣味・スポーツ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 井戸端さん
●166ポイント

ロードバイクやクロスバイクの前傾姿勢は重心が前にあるから急ブレーキで体が前に飛ばされるのは当然よ。
ゆっくり走るなら飛ばされるまではいかないけど常に体重移動を行うように心がけたほうがいいわね。
基本テク

http://www7.ocn.ne.jp/~mtbclub/skill03.jpg
《ブレーキのかけ方は?》
前輪・後輪同時にブレーキをかけます。
ブルーキと同時に腰を後ろへ引きます。
タイヤがロックしないようにするのがこつです。
止まったらサドルから、お尻を前方へはずし、左足をゆっくりつきます。
急ブレーキはロックするので、常に適度なブレーキングを心がけましょう。

ブレーキ必修テクでもっと速くなる!

http://www.cyclesports.jp/magazine/2010/1001/p36-37/img01.jpg


kuwadgiさんのコメント
心がけたいと思います。

2 ● kicr-pp
●166ポイント

上手なブレーキのかけ方 | クロスバイクで快適生活 ?初心者のためのクロスバイク情報-

ブレーキのかけ方ですが、自動車では、急ブレーキをしてしまうと、タイヤがロックしてしまう現象が起きます。タイヤがロックした状態ではハンドル操作ができずに制動距離が延びてしまうということは、自動車教習所でよく教えられていることなので知っている方も多いかもしれません。
タイヤがロックしてしまう現象というのは、車は進んでいるけどもタイヤは回転していないという現象のことです。


もちろん、普通の自転車や、オートバイでも注意しないといけないのですが、クロスバイクやロードバイクは、重量当たりの制動力が大きいので、普通の自転車やオートバイ以上にタイヤのロックに注意する必要があります。

クロスバイクの場合は、もし、フロントタイヤがロックしてしまったら、フレーム自体が人間ごと回転してしまう危険があります。


上記のページは、調べればすぐに出てくるページなので、知っている人は多いと思います。


kuwadgiさんのコメント
不勉強でした。

3 ● たけじん
●168ポイント ベストアンサー

物理法則から言って、ブレーキで停止するのは地面との接触点。
重心は高速移動中で、地面から1から1.5m程度の高さ。
当然前方へ回転するモーメントがかかる。
→前方へ吹っ飛ぶ

ブレーキに手がかかった瞬間に、反射的に手が前になり、臀部はサドルの後方へ行き、前に出ている足でペダルを突っ張る、というスタイルができないと、速度を上げてはいけないと思いますが。

2度ほどブレーキ関連事故で、両鎖骨を骨折している私が言うのだから、間違いありません。


kuwadgiさんのコメント
全くその通りです。自重し、走る道も選びたいと思います。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ