人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

パソコンの入力に、PS/2接続、静電容量無接点方式のキーボード(Realforce106S)を使っているのですが、PS/2ケーブルを5mに延長して使っています。

延長前と延長後では心なしか誤入力が増えたり、キーの反応が悪くなって押したはずなのに入力されていないケースがある気がします。今までは軽く押しただけで反応していたのに今はもう少ししっかりと押さないと反応しない感じです。電力低下などでこのようなことが起こる可能性はありますか?それとも、ただの気のせいでしょうか?

また、USBタイプ(5m先ではセルフパワーHub接続予定)のものに交換するとこういったリスクはなくなりますか?

ネットで調べても、プレイステーションの記事ばかり見つかり、いまいち正しい情報が見つかりませんでした。経験談など少しでも参考になりそうなお話がありましたら教えて頂けると幸いです。

宜しくお願い致します。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:家電・AV機器
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

5mだとちょっと長めですが、どちらかというと端子の接触不良の方が考えられると思います。空気にさらされているので、どうしても腐食や埃などの付着で導電が悪くなるかと。


匿名質問者さんのコメント
回答いただきありがとうございます。 その可能性も考慮して、一応ですが、数回抜き差しして差しています。 本当は接点クリーナーなど使うのが良いのでしょうけど・・・

2 ● 匿名回答2号

回答になってませんが、

問題の原因を切り分けたいですね。
・キーボードへの供給電圧が下がって、静電容量スイッチの挙動に影響しているのか
・PS/2の信号電圧が下がったりノイズが乗ったりして、通信エラーを起こしているのか
多分両方の問題が混在していると思いますが

もし前者が問題であれば、キーボードへの電源供給は近くから行えば解決出来ますね。
キーボードのどこかから電源線を引き出す必要があって大変ではありますが。


匿名質問者さんのコメント
回答いただきありがとうございます。 そして、はたまた、気のせいなのか・・・実は、何となくそんな気がするという感じではっきりしていないのも、今回の件がわかりにくいのです。 かといって、細かく調べるのも結構大変でして・・・ ただ、ネットで調べても、PS/2ケーブルを延ばした不具合情報を聞かずどうなんだろうと思っています。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ