人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

美味しんぼによる福島県の風評被害が問題になっていますが、韓国政府は風評被害を起す目的で日本の東北の海産物を輸入禁止にしています。
韓国は日本のオリンピックを阻止するために風評被害を起す目的で、日本の東北地方の海産物の輸入を禁止措置にしようとしています。実際には韓国の海産物の方が、韓国の核廃棄物の投棄や原子力発電所のずさんな運転のために放射能汚染が激しいとされています。日本の海産物の方が韓国製よりも汚染は少ないのです。また韓国の海産物は不衛生なので米国では食料局(FDA)が輸入禁止を提言しています。
韓国が風評被害をあおる目的で日本の東北の海産物を輸入禁止にしたら、日本は韓国の食品を輸入禁止にするべきだと思います。また、日本の工業製品の韓国への輸出禁止も視野にいれるべきです。韓国政府の一連のディスカウントジャパン運動に対抗するに十分な一手です。韓国は自分たちがねつ造した歴史認識を世界に布教することに熱心で、韓国政府に洗脳された韓国人が日本の方を逆に歴史歪曲と呼ぶ怪奇現象が多発しています。日本政府は有効な対策を打つべきだと思います。
このような運動はどのようにすすめるのが効果的だと考えますか?


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

> このような運動はどのようにすすめるのが効果的だと考えますか?
事実誤認を疑うことから始めてはいかがでしょう。
日本の主な輸出入品 | JFTC キッズサイト | JFTC - 一般社団法人日本貿易会
韓国は、日本の鉄鋼を6千億円、プラスチックを4千億円買ってくれるお客さんです。
一方で、石油製品、コンピュータ、精密機械や魚介は、日本は、韓国に売ってもらっています。

まあ、どちらも米国の軍事力に依存しているのですから、宗主国の言うことを良く聴いて仲良く生きてゆくしか道は無いのでしょうが。


匿名質問者さんのコメント
日本鉄鋼連盟の統計によると日本の2014年3月の鉄鋼の輸出は387.2万トンでそのうち76.6万トンを韓国に輸出しています。日本にとって韓国は20%を占める鉄鋼の輸出先です。韓国への鉄鋼の輸出を止めると韓国の自動車産業は立ち行きません。日本が目先の利益のために韓国に鉄鋼を輸出し続け、韓国の「ディスカウントジャパン」運動に甘い顔をしていると、現在の世代には金銭的な利益がありますが、次の世代の日本人の名誉がこの先ずっと損なわれます。日本の鉄鋼、電子部品、精密部品の輸出を止めると、韓国の産業はストップします。その穴は台湾と中国のメーカーが埋めるでしょう。 もうすでにアジアでは日本製品よりも韓国製品の方が存在感があります。今はまだ韓国は中国以外のほとんどの国から嫌われています。韓国は日本が世界から嫌われて「韓国の方がましだ」となるように工作しているのです。 韓国は福島原発の風評被害を起して東京オリンピックを阻止しようとしています。それでも目先の鉄鋼の輸出の利益が大切ですか?
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ