人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

神社の名称で、「・・・神社」「・・・大社」「・・・神宮」「・・・宮(・・水天宮とか・・天満宮など)」というふうに違いがあるのは、理由があるのですか。神社自体の格式とか、祭ってある神様のタイプとか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

明治神宮のHPに解説があります。

http://www.meijijingu.or.jp/qa/shinto/02.html


匿名質問者さんのコメント
URLを有難うございました。 神宮の説明、大社の説明など、項目を分けての説明で参考になりました。 神宮は、伊勢神宮(神宮)、香取神宮、鹿島神宮、が別格なのですね。私の知るところでは、熱田神宮と平安神宮、また、明治神宮、東京大神宮というのもありました。北海道神宮・英彦山神宮もあるのですね。

2 ● 匿名回答2号

神社の形式はいろいな分類方法で、神宮、大社、?神社などに分けられているようです。
「神宮」は天皇家に関係のある神社に与えられた名称です、格式とは関係ないです。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ