人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

軍のトップの職名がいろいろあるのは、どういう経緯でしょう。コマンダー系とチーフオブスタッフ系。

タイは、国軍司令官、陸軍司令官、海軍司令官、空軍司令官ですね。戦前のドイツも陸軍司令官、海軍司令官、・・・かと。
米国は、陸軍参謀長、空軍参謀長、・・・という名前ですね。日本も、陸上幕僚長、航空幕僚長、・・・。
韓国も、、、。フィリピンもそうだったかと。イギリスも、似たような名前。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

誰かに任命されるのが、司令官、組織内人事で決まるのが、参謀長。
ちなみに、最高指揮監督権者は、自衛隊が内閣総理大臣、アメリカ軍がアメリカ合衆国大統領です。
また、日、韓、比が米国と同じ呼称なのは、有事の際に指揮系統を容易に統一する為です。


2 ● 匿名回答2号

全部、日本語に翻訳された階級ですよね?
各国、ほぼ全て言葉が違いますので、微妙なニュアンスなどを考えてなるべく近いような日本語を当てはめています。
例えば、米軍のSergeant(軍曹)ですが、警察にも同名の階級があり、日本語へ翻訳する場合は巡査部長と、まるで違ってきます。
同じ言語でも、日本のように大戦前後で存在そのものが大きく変わりましたから、そこを意識して意図的に妙な階級名にしたりもしています。同様に、隣国を意識して違う名称にこだわったりもします。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ