人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

漢字学の教科書でおすすめはありませんか?
部首や漢字の歴史について体系的に書かれている書籍を希望します。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

やはり白川静先生だと思います。

「漢字百話」中公新書

漢字百話 (中公新書 (500))

漢字百話 (中公新書 (500))



「漢字―生い立ちとその背景」(岩波新書)

漢字―生い立ちとその背景 (岩波新書)

漢字―生い立ちとその背景 (岩波新書)



「孔子伝」(中公文庫BIBLIO)

孔子伝 (中公文庫BIBLIO)

孔子伝 (中公文庫BIBLIO)



上2冊は20年ほど前に私が某所の某大学で勧められたものですが、いまでもときおり読み返しています。この辺りを入り口に、諸橋(轍次)先生のほうに進んでもいいですし、白川先生の著作を極めても、東洋史に関心がおありでしたら宮崎市定先生の著作に、あるいは江戸儒学に触れてもいいと思います。

でも第一感のお勧めは白川先生です。


匿名回答1号さんのコメント
(追伸)孔子伝はちょっと違うんですけど、私も当時の先生(指導教官)から「面白いから」と勧められて読み耽りました。

匿名回答1号さんのコメント
(さらに追伸)高島俊男さんの著作も面白いです。Amazonなどで探ってみてください。

匿名質問者さんのコメント
ご回答ありがとうございました。白川静の著作を読んでみることにします。

匿名回答1号さんのコメント
いえいえ、お気持ち非常によくわかります。それで「初学者にも分かる本と大学の教科書のような本」たぶんないと思います(笑)。私も求めていましたし、今でも求める気持ちはあります。そうですね…白川先生入門なら http://www.amazon.co.jp/dp/4791702034/ とか面白いと思います。また、必ずしも体系的ではなくエッセイが入り口になるのですが、高島俊男さんの「お言葉ですが…」シリーズなど http://www.amazon.co.jp/dp/4897722314/ はいかがでしょう。

匿名質問者さんのコメント
すみません、一度質問を終了させてしまって。漢字学についての書籍はいろいろ探したのですが、どれも中国の古代文字にまで遡るので、現代の自分が使っている漢字とギャップがあってどうにも分かりづらいものでした。 高島俊男さんについては知らなかったので、そちらも読んでみることにします。 ご回答ありがとうございました。

匿名回答1号さんのコメント
もうちょっとだけ粘りますねw 漢字学は入り口がたくさんあると思います。考古学(甲骨)、四書五経、万葉仮名、諸橋大漢和、漢文訓読(江戸)、東洋(中国)史への興味、そもそも漢字なのか漢文なのか…。著者も芸風もたくさんありますし、時間のかかる分野ですので、長く付き合うとやっと見えてくる世界でもあります。歴史的に見て日中の多くの研究者や思想家が漢字や漢文学には言及していますので、だれか1人、フィーリングのあう人に出会えればそこから一挙に目が開かれる、そういう世界でもあると思います。そして行き着く先が白川先生ではないかと。お答えになっていなくてすみません。うーんw

匿名回答1号さんのコメント
「現代の自分が使っている漢字とギャップがあって」なるほど…あの、1つの方法ですが、もし大学生の方でしたら、漢文学、日本文学(万葉など)、(江戸)思想史(荻生徂徠、本居宣長…)を専門とされる研究室の先生を訪ねて質問するのも1つの方法かも知れません。「できるだけ簡単で初心者にもわかるものを」などとw あーでも白川先生に行き着きそうです。このテーマは簡単そうに見えてけっこう本質的な問題をはらむので…、ほんとすみません!w

匿名質問者さんのコメント
すみません、高校生です。自分は漢字があまり好きではないので、漢字について詳しく書かれている書籍を読み、歴史的な背景などを理解すればもっと興味を持って取り組むことができるのではと思い質問しました。 今まで読んだ本の中では阿辻 哲次の『部首のはなし』が、自分の知りたい知識に近かったように思えます(直接的に漢字について知ることができるという意味で)。

匿名質問者さんのコメント
英単語の語源を覚えることによって、単語学習を楽にすることができるように、漢字の成り立ち、部首を学ぶことによって漢字を覚えやすくすることができればいいなと・・

匿名回答1号さんのコメント
あーなるほど、でしたらちょっと背伸びする感じで高島俊男さんがフィットするかなと思います。阿辻先生もすばらしいですよね。ぜんぜんアプローチ変えるんですが、もし高校生でしたら水滸伝とか三国志とか陳舜臣(十八史略)とかいまのうちに読んでおいて、中国史自体の厚みを付けると大学生になったときに伸びますw だとすると陳舜臣かなあ…漢字って字のようで成り立ちは中国的な感覚と歴史そのものなので。ちょっと蔵書みてまた思いついたら書きますね。僕も18歳19歳のときに同じ問いで悩みまくりました。山口謠司先生のこれ http://www.amazon.co.jp/dp/4569815618/ かなあ…僕なら思い切って山口先生にメールで尋ねるw

匿名回答1号さんのコメント
(参考)山口謠司先生 http://www.daito.ac.jp/education/literature/professor/yamaguchi.html

匿名質問者さんのコメント
お時間をとらせてしまい、申し訳ないです。 いくつか書籍が挙がっているので、とりあえずは手当たりしだい図書館で借りてみます。ありがとうございました。

匿名回答1号さんのコメント
( ´∀`)
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ