人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

魅力的な殿様を紹介してください。
実在/架空、どちらでも構いません。
どんなところが素敵か、熱烈にアピールしてくださいね。

1401720984
●拡大する

●質問者: libros
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 18/18件

▽最新の回答へ

質問者から

私(質問者)の好みは配慮してくださらなくて結構です。
××は見ました、というコメントを書いたりしますが、私が未見かどうかではポイント差をつけません。有名な人物でも気にせず挙げてください。
私は歴史・時代ものにさほど詳しくないので、ややていねいめに解説してくださると助かります。
既出とかぶる回答は、魅力を独自の言葉で熱く語っていればOKです。


1 ● エネゴリ
●15ポイント

志村けんのバカ殿様。
扇子を使ってアイーンポーズが忘れられない殿様。笑える所もあると思えば、家来のお色気シーンもあってちょっとドキドキしながら見ていた記憶が今だに鮮明に残っているのが印象的でした。この殿様と同じくらい変なおじさんが好きでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%97%E6%9D%91%E3%81%91%E3%82%93%E3%81%AE%E3%83%90%E3%82%AB%E6%AE%BF%E6%A7%98

志村けんのバカ殿様 DVD-BOX

志村けんのバカ殿様 DVD-BOX

殿といっしょの殿の伊達政宗。
真剣な顔をしながらどうでもいいしょうもない事をして家臣達を困らせるおちゃめな殿。特に印象的だったのは両目に眼帯をして両目眼帯とかいうバカバカしさは見えねぇだろうがーとツッコミたくなる愛らしさが正に殿様級です。
http://tono-anime.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%BF%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%97%E3%82%87

殿といっしょOVA [DVD]

殿といっしょOVA [DVD]


librosさんのコメント
バカ殿様は必ず挙がるだろうと予想してましたら、いの一番でしたねえ(笑 質問画像を選ぼうと画像検索したらバカ殿様が出るわ出るわ。 手に負えないけど憎めない。魅力的な殿様だと思います。 殿といっしょは初見です。戦国武将でこんなに遊んでいいのか。面白そうです。

2 ● kanonk
●8ポイント

徳川慶喜
巷ではうつけ者ともいわれているが、司馬遼太郎が描く世界では悲しくもあり、また驚きを覚える様な将軍として描かれています。
戊辰戦争の終結を受け謹慎をとかれると駿府に住み続け、写真が残っていたり生存中に将軍職を退いたりと数少ない異例の将軍です。

最後の将軍―徳川慶喜 (文春文庫)

最後の将軍―徳川慶喜 (文春文庫)


librosさんのコメント
歴代将軍の中でも特別なポジションの人だ、ということはわかるのですが、どのあたりが魅力的なのか、いまいちぴんときません(歴史好きの方はこれだけでぐっとくるのかもしれません、蒙昧で申し訳ないです)。 どんなところが素敵か、もうすこし詳しく教えてくださるとうれしいです。

たけじんさんのコメント
慶喜が将軍職を奉還するという決断をしない限り、日本は更なる血の海になっていたはずです。(とはいえ、会津の悲劇は回避できたかも知れませんが) 日本から将軍が消え、討幕の対象を消滅させるという前代未聞の行為を承認する。この人が首を縦に振らない限り、天下の暴挙”大政奉還”は成立しなかったわけです。 そして、勝海舟の進言の下、江戸城無血開城という”ありえない行為”を追認。首都壊滅を避け、その後の発展の基礎となったのは事実。 まあ、鳥羽伏見の戦いの中、幕府軍の総帥なのに逃亡するという”腰抜け”なのでもありますが。(それも、頭脳明晰な証しでもありまして) 自己保身もありますが、時代の潮流を読み、乗り切った技量は大したものと思うのです。

kanonkさんのコメント
takejinさんありがとうございます。 慶喜がもし居なければ、今の世は無かったはずです。 長年続いた徳川時代に幕を引き、新たな時代、明治、大正、昭和と続く未来の扉を開いたといっても過言ではありません。 慶喜がもし、開城をしていなければ相当の戦乱が起こっていたかもしれません。

3 ● dabloger
●15ポイント

星新一の『殿さまの日』に出てくる殿様がとても味わいがあります。
このお殿様には名前がつけられておらず、ただ殿様という呼び名になっています。
そして、幕藩体制時の殿様がなにに気をくばって過ごしていかなければならないか、
とある一日を抜き出して、まるで「密着、お殿様の一日」といった風情です。
御伽噺のような雰囲気なのは星新一の作風ですけれども、殿様自身も自分は殿様だからこう振舞わなければならないな、みたいなことを繰り返して述べていて、それが星新一のショートショートにでてくる人物のように、妙に人間臭さが抜けているのに人間ってこうだよなあ、と思わせるものがあります。
この殿さま、本当にいい人っぽくて素敵です。
現代小説的ではなくきっちりと時代小説になっているところがすごいと思います。

殿さまの日 (新潮文庫)

殿さまの日 (新潮文庫)


librosさんのコメント
殿さまの日はとても好きな作品です。挙がってうれしいです。 遠くから俯瞰で眺めているような、醒めた、それでいてユーモラスな語り口が素敵です。

dk4130523さんのコメント
経営不振の星製薬を継いでつらかったんだろうなあ…なんて思ってしまう ( ´∀`)

4 ● hkwgch
●15ポイント

「魅力的な」というと、個人的には立派な人ではなく、心の弱さを前面に出した人間味を感じられる「ご乱心」モノの方を連想してしまいました。
その中で決定版っぽいのが『蜘蛛巣城』の鷲津武時。
ストーリーはウィリアム・シェイクスピアの「マクベス」が原作なので説明するまでもないですが、ロマン・ポランスキー監督の『マクベス』よりも『蜘蛛巣城』の方が断然良かったです。
やっぱり独裁者はいつの世も疑心暗鬼になって身近な人を殺しちゃうものなのかなぁ…。
人間はどうしても欲望につられてしまったり、心の弱みにつけ込むようなことを言う人(ここでは悪い奥さん)の言葉を「我が意を得たり」と勝手に思い込んで判断力を失って言いなりになったり、そんな人の振り幅の大きい生き様を見られるのはフィクションならではの楽しさですね。
現実に存在したら絶対嫌だけど。

でもちょっと見直してみて、魅力的な殿様というより演じた三船敏郎が凄いんじゃないかと思ったのですが、まあいいでしょう。
有名なラストシーンは、三船敏郎に向けて「本当に」矢を放って(近距離だけど)撮影したので、彼が黒澤明監督に向かって「殺す気か!」と上島竜兵みたいなことを言って怒ったとか……(?)
http://youtu.be/MB5KuqUd1WM

蜘蛛巣城【期間限定プライス版】 [DVD]

蜘蛛巣城【期間限定プライス版】 [DVD]


librosさんのコメント
ご乱心モノの殿様も期待してました。『蜘蛛巣城』実に面白そうです。 これはぜひぜひ観たいと思います。

librosさんのコメント
蜘蛛巣城、めっちゃ面白かったです。 はじめの予言のシーンは長くて眠いなあ、なんて思ってましたが、鷲津の野心がむくむくと膨らんでくるあたりから俄然面白くなってきて、ストーリーはわかってるのに最後までドキドキが止まりませんでした。 CGが無い時代にどうやって撮ったんだろう、と驚くシーンがいろいろあり、黒澤映画の撮影術にも興味が湧きました。

1-5件表示/20件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ