人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

黒田官兵衛には子供は長政一人ですが、この点について、質問です。官兵衛の妻は、あまり体が丈夫でなかったのでしょうか? ふたり・さんにんと、子供を産んだけど、夭折したのではなく、最初から、一人しか産んでいないようです。

黒田官兵衛が側室を持たなかったことは知っています。ですから、正妻との間の子供しかありえないですね。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

必ずしも、そうとは限りません。
どういう事かというと、彼ほどの立場であれば、当然ながら世継ぎが必要です。
血統のスペアは多い方が安心できる。
なんせ、平均寿命が大凡50年で伝染病なども多かった時代です。

しかし、彼の政権内部での立場上、世継ぎが一人としておいた方が都合が良かったのかもしれません。
当時の常識では、よほどの放蕩者でなければ、正室に一人しか子がなければ側室を迎え、あるいは何処かに通い、御落胤の一人や二人はいて当然。
記録されていないからと言って、本当に一人だけというのは珍しい現象でしょう。


匿名回答1号さんのコメント
ついでに言えば、彼の身は彼一人のものではありません。 彼に仕える家臣が大勢いて、彼が死んで跡継ぎがいなければ全員が失職します。 もちろん家臣にも妻子や家来がいて、ファミリーとして機能しているのです。 当然ながら、有力な「殿」の子供を産めば、下賤の端女でも一気に「姫」です。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ