人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

これを生き甲斐にして生きてける!
というくらい熱烈にはまっている趣味を教えてください。その魅力と、どれくらいの費用がかかっているかも併せてお答えください。


●質問者: みゆぷりあんぬ
●カテゴリ:人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

質問者から

現在のご自身の趣味でなくても結構です。過去にこれにはまった!家族がこれにドハマりしていて大変!などのお話もお聞かせください。


1 ● にゃんころ

写真です!
まず被写体を選ぶところから、構図、レンズや絞りの選択、光源に応じた撮り方、そして決定的なタイミングを捕らえることに神経を注ぎます。
先人たちの偉大な写真を参考にしながら、自分なりに納得のいく写真が(偶然)撮れた時には神に感謝しながら、惜しい写真が撮れた時には呻きながら、自分の理想に向かって邁進したり、しなかったりします。
楽しいです。Let's 写真!
予算は最低では1万円以下、人によっては100万円を遥かに超えます。
自己満足こそが自己満足の世界です。


みゆぷりあんぬさんのコメント
楽しめるポイントがたくさんあるのですね。 ひとりでも低予算でも考えて楽しめるのがいいですね。

2 ● dk4130523

2008年ごろに蔵書3万冊まで数えました。311の震災で震度6強に見舞われて「バベルの塔w」「火事にならなくてよかった」「もう手元に置きたがるのはやめよう」「本を読むのはむしろ身体に毒だ」と身にしみたはずでしたが虫は収まりませんねw 単価300円くらいで換算すればいいのでしょうか。いまは落ち着いて1日1冊読了のペースです。普通のサラリーマンで読書は行き帰りの地下鉄内。書籍はある程度たまると実家に送り、実家に帰るたびに書庫を整理します。テディベアの収集癖もあって実家ではクマに番をさせていますw 「このジャンルの蔵書はまず日本随一だろう」と思っているものがありますが個人特定を避けるために控えさせてください。犯罪的なものではないです。われながら書籍の収集は昔からありふれた病気だと思って観念しています。めざせ大宅壮一文庫w


みゆぷりあんぬさんのコメント
本は読む楽しみと集める楽しみがありますよね。 生活の中に組み込める点もいいですね。3万冊はすごい!

3 ● 朝霞(あさか)

趣味は色々ありますが、お金がかかったというなら「車」ですね。

自分の車歴は4台ですが、その中で一番印象が強いのはいすゞジェミニです。(街の遊撃手。JT150 Irmscher H/B)。ジウジアーロによる、宝石のように美しい車。
現在の車のように静音性が重視される前の車なので、ハンドルやシフトノブからフィールがすごく伝わってきます。運転している! という感覚を味わえました。
ただ、自分はそれほどドライビングスキルはないので、もっぱら前夫と前夫の知人があの車のポテンシャルを引き出してました=遊び相手でしたが。

中古で入手した時は既にいすゞは乗用車からほぼ撤退しており、メンテナンス等大変でした。5年ほど乗っていたのですが、電気系やその他色々細かい故障が重なり、不動車となったため手放しました(涙) その後、スバルの軽自動車へ。

前夫も車好きで、色々乗りましたね。自分は大阪転居のため降りましたが、前夫はまだクセモノの車にのって楽しんでます。

大抵の車好き旦那の場合、奥様が嫌な顔をするケースが多いですが、自分の場合は二人して悪のりしてたので(笑)楽しい生活でした。
が……マ・ジ・デ、お金かかりました。とある欧州車のエンジン載せ替えとか……いくらしたっけ(笑) 兎に角、家計はいつも火の車。
10年で、二人で数百万はいってるかも?

実車だけでなく、自分は車のダイキャストキットもちびちび集めたりしてます。ラリーカー中心ですね。WRCラリーJAPAN(北海道)に行けなかったのが残念。

ちなみに、離婚したのは自分の病気悪化のためであり、車のせいじゃありません。大阪で療養のため、車を降りることを決めるのはすごく辛かったです…… 前夫との関係は良好で、離婚後も車や鉄道がらみの趣味イベントに一緒に行ったりしてます。

オーナーズミーティング、雑誌のイベント、車系オフ会など、色々な所で様々な方とお会いでき、交流を持つことができたのもうれしい思い出ですね。
昨年はルノー主催のイベントで、前夫と自分二人にとって「神」のおひとりである、ジャン・ラニョッティ氏にお会いすることも出来ました。ラリードライバーであり、「世界一速い広報部長」さんです。

◆ラニョッティ2.flv - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=fqe-0yQ1nBU

さておき、今は運転はできませんが、これからも何らかの形で車に触れていたいですね。


みゆぷりあんぬさんのコメント
車も運転したりカスタマイズしたり楽しみ方が多様ですね。 運転する場所も色々選べるし。 本当にお金がかかるのが難点ですね。

4 ● halfrack

計算機(コンピュータ)です。
ロジックが解けたときとか、何かを理解できたときとか、自分の組み立てた理論が正しかったときとかに喜びを感じます。あと、何かをして人に喜ばれる場合もうれしいですね。
神様が作ったもの相手ではなく、だいたいのことが所詮は人間が作り出したものなので、時間をかければ必ず理解出来て気楽です。
かかる費用は、 20万円ぐらいのデスクトップパソコンとノートパソコンをそれぞれ 2年おきに買い換えて、さらに通信費を乗せて年間 20?30万円でしょうか。古いコンピュータの収集癖とかあると異常にかさんだりはします。
仕事にするとむしろお金が入ってきますね。


みゆぷりあんぬさんのコメント
数学が苦手なのですが、理解する喜びがあるといわれると説得力がありますね。 人の役に立つ、仕事にもなりうるというのも素晴らしいですね。 機械は高価なイメージがありますが、大人の趣味と考えると年間20?30万円というのはすごく高くもないと思いました。

halfrackさんのコメント
なお安上がりな方に振れば 10万円ぐらいのノートパソコン買えばおしまいです

pinoporioさんのコメント
Linux使えればもっと安いPCでも

1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ