人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ゴルフでスライス病を直すポイントを一つ上げるとしたら、何を気を付けたら良いでしょうか?

●質問者: bigfavor
●カテゴリ:趣味・スポーツ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou
ベストアンサー

一番気をつけるべきなのは横から見たときの方向性ですね。
と言っても具体的には分からないと思います。

横から見たときに(右利きという前提ですが)あなたが正面だと感じる方向は「必ず」少し右に向いています。
真っ直ぐ素直に打ち出せば、必ず玉は右に向かう。
これはフェイスの向きでもそうです。

肩越しにゴルフボールのような小さな目標を見る際には「視覚の錯覚」が発生します。
だから地面に大きな ← のボードでも置いてショットすれば、かなり簡単です。
ボードどころか目印になるマークでも置いたりしたらルール違反ですけどね。

では、どうやって正確な方向を見定めるか?
その場にある地面の芝の切れ目とか小石などをマーカーとして利用します。
正確な方向が分かれば後はインパクトの瞬間の相対位置だけが問題になります。

実はもう一つ、右手が左手よりも強いことを考慮する必要があります。
インパクトの瞬間に右手で押し込んでしまうのが普通です。
だから、力加減が分からない初心者のうちは、必ずと言っていいほどスライス病に悩むことになります。
右手が強い分は左サイドで強く引っ張ってやる必要があります。
引っ張りすぎたら「引っかけ」が出ちゃうんですけどね。
バランスが問題になるって事です。

昔のことわざに「右手は動かすな」っていうのがありますが、動かさないくらいのつもりでちょうどだって意味です。
私の経験ではインパクトの瞬間にボールの後のこれから引っぱたく面がちょうど視界の中央に来たときには球は真っ直ぐ飛んでくれます。
もちろん、インパクトの瞬間にフェアウェイが見えていたんでは駄目です。


bigfavorさんのコメント
有難うございます。 書いて戴いたことの多くは、あまり気にしたことの無いことばかりですね。 私は今までは、バックスィングした時の左手首の折れ、バックスィング上げた腕の位置、ダウンスィングしている時に越が前に突っ込まないこと、インパクトの瞬間の左手の甲の向きなどですかね。ただどうしても直らないのですけど。 それと練習場でうまくいっても、実際のコースに出ると力が入ってしまうのかわかりませんが、スライスが余計酷くなるんです。

miharaseihyouさんのコメント
たぶんアドレスでのフェイスが既に右に向いています。 スタンスの方向は個人差があるので分かりません。 構えた位置で両方をチェックしてください。 できれば誰かに見てもらう方がベター。 デフォルトで右向きなのですから、修正しようとすればするほどバランスが崩れます。 練習場で何度も打ち直して真っ直ぐに飛んでも、コースの出たらめためたになるのは今の状態では仕方がないと思います。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ