人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

千島樺太交換条約のことで質問です。
ロシアは、千島を放棄して、樺太を得たというふうに思っていました。
カムチャッカ半島は、最初からロシア領と確定していたように感じます。
この条約以前は、カムチャッカ半島はどういう扱いだったのですか。
この条約を結ぶ前においては、
学校では、千島の扱いと樺太の扱いが曖昧だったのだ、この条約ですっきりしたのだ、
とは習いましたが、そのとき、
カムチャッカ半島のことは話題にもあがりませんでした。
カムチャッカ半島は条約を結ぶまでもなく、最初からロシア領だと明快な状態であったのでしょうか。

付け加えます。
松前藩が、
「1715年(正徳五年) - 幕府に対し、松前藩主は「十州島、唐太、千島列島、勘察加」は松前藩領と報告。」と・・・、
カムチャッカ(勘察加)は、松前藩領(つまり、日本の領土になってくる?)ような意味の報告をしていますから、
千島樺太交換条約の前は、
樺太と千島は曖昧だし、カムチャッカ半島も曖昧な状態の筈ではないか、と思ったので、
このような質問しました。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

▽最新の回答へ

質問者から

質問本文では、千島樺太交換条約にだけ触れていますが、

たとえば、日露和親条約で
日本は、カムチャッカ半島を見返りなく一方的に放棄させられていたのでしょうか。

正徳年間の松前藩の報告を受けた時点で、幕府が手を打っておけば、樺太も千島も、カムチャッカ半島も、すんなり日本領土だったのではないか、と思いました。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ