人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ガス電磁弁は何Vで動きますか?
家庭用のガスコンロを分解すると、立ち消え安全装置に、熱電対から発生させた電気で動く電磁弁がついていますが、これをON/OFFさせたいのですが乾電池で動きますか?もしくは、壊れてしまいますか?


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:趣味・スポーツ 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

熱電対は、高温部1000℃、低温部0℃で、せいぜい40mV程度しか、発生できません。
参考:
熱電対の種類と規準熱起電力表

それでは電磁弁は駆動できないと思いますので、トランジスタ1つぐらいを挟んで、乾電池3Vへのラインが伸びていませんか?

電磁弁からのラインを回路から切り離して、電磁弁単独の抵抗を測れば、オームの法則使って、電磁弁を3V駆動できるか計算できると思います。
くれぐれも、熱電対側のラインには、電圧をかけないように。
また、時限発火装置は作らないでくださいね。


匿名質問者さんのコメント
回答いただきありがとうございます。 熱電対はそのくらいの電圧しかないのですね。また、古い型の為、乾電池すらついておらずどうやって電磁弁を稼働しているのか不思議に思っております。 40mV程度ですか・・・恐ろしく低い電圧ですね。ただ、実際にその熱電対をガスバーナーであぶってみても温度が足りないのか反応しませんでした。 また、下手に大きな電圧をかけるとコイルが焼き切れてしまいそうで不安です。 ただ、40mV電源など普通に用意することが難しそうです。マイコン工作で何とかなるものか・・・? 時限発火装置は作りません。色々スキルが不足しているので、当分は無理ですが、むしろ、時限消火装置が作りたいです。植物に肥料をあげる要領で昼間だけ炭酸ガスをあげる手法ががあるそうです。http://item.rakuten.co.jp/chanet/15442私の場合アクアリムではなく野菜栽培ですが・・・
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ