人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

If astronomers are right, all life on this planet could be extinguished in less than 30 years. Scientists at NASA's Jet Propulsion Laboratory have detected a large object the size of Manhattan possibly on a collision course with Earth.
Using their Near-Earth Object Wide-field Infrared Survey Explorer (NEOWISE), the 10-mile wide object was found approximately 51 million miles from Earth. Scientists believe that during a close encounter with Mars, the asteroid was nudged slightly off its usual orbit and may currently be on a high speed collision course with our fragile planet. The asteroid is calculated to have a potentially lethal encounter with the Earth on March 35, 2041.

Astronomers have placed the odds of an impact at 1 in 2.04, which is by far the most unprecedented risk ever faced to humanity, let alone from asteroids. Such an impact could potentially end civilization as we know it.
More information will be posted here as the story develops...

翻訳してください

●質問者: wxyzwxyzw
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● POGPI

マンハッタンぐらいの大きさのものをNASAの人が発見して、三十年以内にえらいことになる。


2 ● jan8

天文学者の言うことが正しければ、地球上の生命は30年以内に消滅する可能性がある。
NASA ジェット推進研究所の科学者らは、地球と衝突する可能性のある軌道上にマンハッタン程の大きさの物体を発見した。NASAの地球近傍物体広域赤外線探査衛星(NEOWISE)により、地球からおよそ8200万km離れた場所に16km幅の物体が発見された。彼らは、小惑星が火星と接近遭遇した間に通常の軌道から少し位置がそれ、現在は地球と高速で衝突する軌道上にあるかもしれないと考えている。小惑星は、2041年3月35日に地球と致命的な遭遇をすると計算されている。


jan8さんのコメント
天文学者らは衝突の確率を2.04分の1とした。これは小惑星衝突も含め、これまで人類に直面した中でもほとんど前例のないリスクである。周知の通り、この様な衝撃は文明を終焉させる可能性を持っている。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ