人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ラッコの割っている貝について。

ラッコが貝をこんこんと割って食べているのは「ウチムラサキ」という大あさりのようですが、ハマグリは割って食べないのでしょうか?

大きなハマグリなら、割って食べるのかなと思いましたが、情報が見つからないので質問してみました。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:グルメ・料理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

自然界でのラッコは、ウニ、アワビ、ハマグリやホタテなどの二枚貝、
カニ、ナマコ、イカ、タコ、魚、ヒトデ、海藻・・・、などを食べているようです。

ラッコ大図鑑?第3章

鳥羽水族館のラッコ。

http://image.mapple.net/img/user/00/00/13/75/H0000137543.jpg
ちゃっかりと、わきの下に、次のハマグリをキープしてあります。

ハマグリを食べるラッコ - 写真 - MAPPLE 観光ガイド

匿名質問者さんのコメント
どうもありがとうございます。 エサとして食べることはわかっていて、鳥羽水族館などでは大あさりを割る用に与えていることもわかっていますが、「ハマグリを割って食べるかどうか」が知りたいと思っています。 この写真や、その他の動画では、割らずに食べていたためです。

匿名回答1号さんのコメント
鳥羽水族館のラッコ。 >http://4travel.jp/travelogue/10213226#photo_13292664:title> [http://img.4travel.jp/img/tcs/t/pict/src/13/29/26/src_13292664.jpg:image] そしてラッコ 胸の上で、一生懸命ハマグリを割っていました ハマグリを食べてしまうと、飼育員からもらった氷で同じように遊んでました << 鳥羽水族館のラッコ。 >http://blog.goo.ne.jp/ohx5575c/e/0a800367f2121e87e820fed5a1a8078e:title> [http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/40/a8/371a99c833a531308eaa0a34e9ce8474.jpg:image] 水族館の人気者、ラッコです。エサの蛤を幾つか抱えて、それを両手(というのか?)に持って、見学者との境となっている硝子窓にトントンと打ち付けて割って食べています。この様子がとても可愛らしい。 <<

匿名回答2号さんのコメント
細かい話で恐縮ですが、なんとなく写真に写ってる貝はどれもウチムラサキっぽい気がしますけどね。

匿名質問者さんのコメント
どうもありがとうございます。 一般のブログでは「ハマグリ」と書かれていることが多いのですが、鳥羽水族館は「ウチムラサキ」の殻付きを与えるようなので、写真のものはウチムラサキではないかと思います。

匿名回答1号さんのコメント
>> 細かい話で恐縮ですが、なんとなく写真に写ってる貝はどれもウチムラサキっぽい気がしますけどね。 << むぅ。 モントレー・ベイの(多分、野生の)ラッコ。 [https://www.youtube.com/watch?v=sc99_FarCNM:movie] 0:27 くらいで、貝の裏側が白いのが分かるので、少なくともウチムラサキじゃない。 あちらは、アサリもハマグリも clam でいっしょくたなので、アサリはダメよと言われると厳しい。

匿名回答2号さんのコメント
いや別にダメとか言ってるわけじゃないですよ〜 基本的にハマグリであろうがウチムラサキであろうが、はたまたホンビノスガイであろうがみんな同じような仲間ですし、ラッコにとってはあんまり大差ないでしょうし。 たまたま写真に写ってるのはウチムラサキに見えるなぁと、それだけの話です。

匿名質問者さんのコメント
これはもしかすると、大きめのハマグリかもしれませんね。ハマグリを割るかどうか、が知りたいので、ウチムラサキ以外の大きな貝、というところまでわかったので助かります。英語でもclamしか情報が出てこないので困っていました。

匿名回答1号さんのコメント
先ほど、回答のコメントに挙げた動画と同じ方がアップロードされている動画。モントレー・ベイのようです。 [https://www.youtube.com/watch?v=Uc7Ahp5--eE:movie] 0:45 くらいのところを見た感じだと、白ハマグリの名で売られているホンビノスガイのようにも見えます。 1:04 くらいのところで、貝の内側が白いのが分かります。 ひとつめよりもやや小さい感じもするので、小さいホンビノスガイか、ハマグリ、もしくは大きめのアサリではないかと思います。 # どれにしろ clam ですが

匿名回答3号さんのコメント
全く関係ないコメですが、「ちゃっかりと、わきの下に、次のハマグリをキープしてあります。」というラッコがかわいいので☆☆☆ id:Kaoru_A

匿名回答1号さんのコメント
ラッコのわきの下にはポケットがある、ということを耳で知ってただけだったので、探してみました。 ツブ貝たくさん。ヤドカリもキープ。 >http://www.doubutsu-no-kuni.net/special/episode13/p2.html:title> [http://www.doubutsu-no-kuni.net/special/episode13/images/pic_vol_2_5.jpg:image] [http://www.doubutsu-no-kuni.net/special/episode13/images/pic_vol_2_14.jpg:image] << 氷をためてる。 >http://www.kaiyukan.com/blog/2013/06/post-185.html:title> [http://www.kaiyukan.com/blog/img/%E3%83%91%E3%82%BF%EF%BC%92.JPG:image] << おもちゃもキープ。 >http://mirluch.blog49.fc2.com/blog-entry-605.html:title> [http://blog-imgs-43.fc2.com/m/i/r/mirluch/P1030242_convert_20130103032631s.jpg:image] << # fc2 なので、画像は、多分、リンク切れ モノを入れてある写真を見た後だと、この写真を見ても、ああポケットなんだなあ、と納得できる。 >http://www.marine-world.co.jp/er/topics/2011_10.html:title> [http://www.marine-world.co.jp/er/image/topics/2011/11_10.jpg:image] << んで、釧路のクーちゃんのケース。 >http://www.doubutsu-no-kuni.net/special/episode13/p2.html:title> クーちゃんは、とても上品な“背泳ぎのテーブルマナー”を身に着けている。巻き貝であれば、平べったいお腹の上に貝を載せ、もう一つの貝を両手で振り下ろし、たたき割って中身だけを食べる。殻と破片は、ぐるりと横に1回転すると、水中に落ちた。すかさず胸のたるみにはさんでおいた別の貝を取り出してまた割る。それを目にも止らぬ早業で「割っては食べ」を繰り返すのだから、“海の魔術師”である。 << ツブ貝程度の大きさ、殻の厚さでも、叩いて割って食べているようなので、ハマグリくらいの大きさであれば、割って食べても不思議じゃないと思います。 もちろん、個体差はあるんでしょうが。 そのクーちゃんの歯。 >http://turinorinori2.cocolog-nifty.com/blogpart3/2009/11/post-f35b.html:title> [http://turinorinori2.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/11/09/p1260691.jpg:image] << 貝殻なんて難なく割れそうな臼歯ですけど、じゃりじゃりするのが嫌いなんですかね? >http://labaq.com/archives/51335713.html:title> [http://livedoor.blogimg.jp/laba_q/imgs/b/4/b4f41e2c.jpg:image] <<

匿名回答3号さんのコメント
ポッケΣ(・ω・ノ)ノ ラッコさんはクルリと食事中横に回転したりしますけど、ポッケの中身を落とさないように上手く手でおさえたりしてるのでしょうか? あと、ラッコさんの歯、すごいですね。始めて見たと思います。 さすがに、水族館で飼育員さんがラッコさんの口を「イー」するのはないと思いますし(笑) 貴重な画像?? 回答1号さん、ラッコさん画像ありがとうございました(^^)つ☆☆☆ id:Kaoru_A

匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。参考になりました。

2 ● 匿名回答2号

食べようとするハマグリの大きさや、その個体によるのではないでしょうか。

ラッコたちは、こんな実験をする時にも、それぞれの性格があって面白い。 小さな貝はどうやって食べるのかを試すために、アサリをあげたこともある。
融通の利かないモコモコは、小さなアサリであっても、お腹の上に置いて別の貝をガシャガシャと打ち付けながらなんとか割ろうと苦労していたが、そのうち諦めてしまった。 プックは、興味も示さなかった。 機転の効くエミは、プールの壁に打ち付けて割って食べたが、めんどうだったのかそれ以上くれとは言わなかった。
コタロウは?持てるだけの数を一杯持っていって、腹の上でガシャガシャやっていたが、そのうちそのまま口に放り込んで、バリバリと食べてしまったのだ。 まったく、創造性の豊かなラッコである。

http://www.e-net.or.jp/user/rumin/rakko/5-4.htm

ラッコの道標―ラッコが教えてくれた多様な価値観

ラッコの道標―ラッコが教えてくれた多様な価値観

野生のラッコの場合だと最初から小さい貝は採ってこないような気はしますが。


匿名質問者さんのコメント
どうもありがとうございます。 小さな貝も割ろうとすることがある、ということですね。 ということは、小さなハマグリも割って食べるタイプもいるかもしれない、と推測できます。 動画で見かけたものは、小さなハマグリは手でこじ開けて食べていたので、個体によってやり方が異なるだけかもしれませんね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ