人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ビタミンB1の活性型への変換について
体内ではチアミンジホスホトランスフェラーゼによりリン酸化を受けて、活性型のチアミンピロリン酸となり、酸化的脱炭酸反応、トランスケトラーゼ反応(ケト基の転移反応)などの酵素反応の補酵素として作用する。
とあるのですが、この反応が行われる場所はどこでしょうか?肝臓?
B1だけでなくB2とかB6とかも活性型に変換されて使われるそうですが体のどの部分で変換されるのかなと疑問です。

●質問者: koko24
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ