人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

これ、おかしくないですか?

契約の解除 次の各号に該当する時は契約を解除します。
1、アの時
2、イの時
3、ウの時
4、その他前号に準じ、やむを得ない事由があるとき


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:ビジネス・経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

「該当する時」の「時」は漢字で、「事由があるとき」の「とき」が平仮名なのは不統一ですね。


2 ● 匿名回答2号

何がおかしいと思うのか書かないとね。
4があるからいつでも解約できる、という事ですかね?
要するにそういう事なんです。


3 ● 匿名回答3号

> 次の各号に該当する時は
各号いづれかに該当する際は
の方が、「イじゃないもん」とごねられる心配が減りそうです。
契約書は、専門家に書いてもらったほうが良いですよ。


質問者から

1、2,3の条件ではそれぞれ解約は成立するのですが、4の「その他前号に準じ、やむを得ない事由があるとき」というのは論理的におかしいように思うのですがいかがでしょうか。

昔から使用されているものなのですが、誰かがタイプし直した際に間違えたのではないかと思っています。


4 ● 匿名回答4号

契約者同士でつうじてればいいんですけど、普通に言いたいことを読み取るとすると、
アやイやウは契約解除。ア、イ、ウそのものじゃないけどどれかに似た(準じる)状態であって、さらにやむを得ない事情があるとき(準じただけではアウトにしたくないんだけど、警察とか外部圧力があったらしょうがないもんね)も、悪いけど契約解除させてもらうわな。といいたかったんでしょうね。


匿名回答1号さんのコメント
普通に読み取ると、「前号」は3(ウ)のみですね。

匿名質問者さんのコメント
>普通に読み取ると、「前号」は3(ウ)のみですね。 鋭い!それは気付きませんでした。

匿名質問者さんのコメント
準じる=似ているという解釈ですか。 作った人がどういう意図で書いたのか別にして、この準じるとはア、イ、ウは含むのでしょうか? 含んでいるとすると、矛盾することになる思うんです。 アが真の時解除、アが真の時かつやむを得ない理由がある時も解除とは、アが真の時でもやむを得ない理由がなければ解除できないことにならないでしょうか。

匿名回答4号さんのコメント
それ以外は解除しないなどと一言もかいてないようですが、この前の部分にそういう話があるんですかね?主文に「のみ」が入ってないのでそうはよめないとおもいます。

1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ