人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

近代以降の日本だと、親が子の名前を決めて、出生後に、役所に届ける。欧州だと、カトリックなら、幼児洗礼の洗礼式で神父によって名前が付けられる(事前に親が選ぶのかもしれないが)。
さて、現代のインドの話だと、ヒンズー教では、親が付けて、国に登録するのですか、それとも、ヒンズー教の僧侶が名前を与える儀式があるすか。
現代において、イスラム教徒の国々では、どうなのですか。イスラム教に則り、名前を与えてから、そのあと、国に届けるなどということであるとか、どうなのですか。

どちらかだけでも結構ですので、ご存知の人、よろしくお願いします。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ