人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

例えば理科の実験で、フラスコ内の普通の空気に、PM2.5を混ぜると、向こうが見えにくくなりますか? 中国の映像で、空気が汚れている、PM2.5のため、という写真などよく見るので質問です。あれは、PM2.5でスモッグみたいに見えているのですか。それとも、PM2.5以外のもっと大きい粒子が漂っているのでスモッグみたいに見えているのですか(PM2.5が多いなら、もっと大きい粒子も沢山、漂っていると思われます)。はたまた、PM2.5を核として周りに水滴が凝集して、スモッグみたいに見えているのですか。この三つのうち、主として、どれでしょうか。

PM2.5はとても小さい粒子ですから、それがたくさん浮遊していても、空気が濁って見えたりはしないのではないでしょうか。それとも、空気が濁ってしまうほどのレベルで浮遊しているのでしょうか。と実は思っているのでこんな質問をしているので、ご了解ください。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:科学・統計資料
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

▽最新の回答へ

質問者から

匿名回答1号さん、匿名回答2号さん、有難うございました。そういえば、インドも、ひどいスモッグの写真がありますね。

⇒仮に、PM2.5だけで、大きめ粒子がなければ、
?PM2.5だけ、
?PM2.5と、それを核として凝集した水(水滴)
ということですね。?だったら、スモッグみたいになりmすね。
また、?ということはありえないかもしれないと考えました(水滴はできる)
ということは、大きい粒子が、結構混ざっているか、混ざっていないか、
写真からだけ推測することは、無理ですね。やはり、データ好評してもらわないと・・・


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ