人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

夏の暑さから体温を一定に保つ方法ですが自律神経が
?皮膚表面に血液を集めて皮膚温度を上げて熱を放散させる
?汗をかく
の方法があると思いますが、??それぞれ自律神経の交感神経のはたらきによるものでしょうか。副交感神経によるものでしょうか。理由もお願いできたらうれしいです。

●質問者: koko24
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● wefkgr

両方交感神経だと思います
交感神経には発汗を促進する効果があります

http://www.jiritu-shinkei.com/outline/nerves.html


「交感神経の働きは、要するに、血圧を上昇させ脳や筋肉に血液を多量に送り届け、お仕事をしやすい活動的な身体にしているということです。 」

http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/405.html


koko24さんのコメント
ありがとうございます。 血管の収縮についてですが、一般的に副交感神経が優位になると血管が開いて血流がよくなるので?は副交感神経由来かと思っていました。 なのでなぜ?が交感神経由来なのかが理解できません。

2 ● エネゴリ

両方とも交感神経です。
http://www.wakayamanet.or.jp/sishi/frame/aseL.htm

この発汗をコントロ?ルしているのが、*自律神経系の*交感神経です。


http://ski-holiday-insurance.com/jiritsu/01/0003.html

汗をかくメカニズムが働くのも交感神経の役割

http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/surg2.dir/hidrosis/

交感神経の活動が高まって、手のひらなどに多量の汗をかき

http://shinkei.kenkou-100.com/010/ent241.html

汗をかいて熱を放散したりを交感神経が行い、

http://forum.crosswell.jp/news/tokuhonn/2308/

●通常、高温・高湿環境下で体温が上昇しても、体温調節中枢の放熱作用(末梢血管の拡張と発汗)が促進され体温を下げ一定体温を維持します。
(放熱作用;血管の拡張(交感神経β作用)と汗腺刺激(交感神経コリン作用))


koko24さんのコメント
ありがとうございます。 血管の収縮についてですが、一般的に副交感神経が優位になると血管が開いて血流がよくなるので?は副交感神経由来かと思っていました。 なのでなぜ?が交感神経由来なのかが理解できません。

3 ● kanonk

交感神経の役割ですね。

こちらを参考に。
http://kusuri-jouhou.com/domestic-medicine/nerve3.html


koko24さんのコメント
ありがとうございます。 血管の収縮についてですが、一般的に副交感神経が優位になると血管が開いて血流がよくなるので?は副交感神経由来かと思っていました。 なのでなぜ?が交感神経由来なのかが理解できません。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ