人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

トーハツ4st船外機9.8馬力(昨年購入)で
パイロットウォーターの水の出が周期的(3分ぐらい毎)に
出が悪くなるので、インペラを交換しました。

交換後、水がまったくでなくなりました。

・海で使用していますが陸置きで、使うたびに水で動かし冷却水経路を洗浄していました。
・トーハツの人に聞きましたが、ローワーケースを組み込む時に、冷却水のパイプがうまく接続するように組み込むように言われ、そのようにしました。
・インペラをカバーする金属部分は爪が合うように、設置しています。
・インペラは時計周りに曲がるように、設置しています。
・冷却水の導入口がつまっていないか、トーハツの人に言われましたが、インペラ交換前は水がでており、一応チェックもしましたが、導入口のつまりは確認できません。

以上の状態です。
経験上、これではないか、というものがある方、お知らせいただけると大変助かります。
よろしくお願いします。

●質問者: adhd-idea
●カテゴリ:趣味・スポーツ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou
●300ポイント

http://boatrockfish.web.fc2.com/engine_impeller_02.html

インペラはちゃんと回ってる?
ピンの刺し忘れとか・・。


adhd-ideaさんのコメント
回答ありがとうございます。 ピンは入っており、シャフトを回すと、インペラも回ることは手動で確認しています。 引き続き、よろしくお願いします!

miharaseihyouさんのコメント
Oリングの交換(必須)とか、その下のプレートの状態(交換しなければならないこともある)などなど、全体をばらすしかないんじゃないかな? 結論としては原因がインペラだけじゃなかったって事だけど、プロに任せた方が出費が少なくて済む可能性もある。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ