人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

<シャツの裾をズボンの中に入れるのはダサい>はいつから?
80年代が舞台の「アオイホノオ」が始まり、そこに登場予定の岡田斗司夫さんのツイートも話題になっていますが、http://togetter.com/li/694715 の中にこういう記述があります。
『メインキャストだけで無く、エキストラのみなさんも男子はシャツをパンツにインしてるのに注目! そうです、あの時代、男たちはみんな「シャツはズボンに入れる」だったのです』

自分やこの流行に以前から興味があり、過去にこんな文章をブログで書きました。
「いつからシャツは外に出すのがおしゃれ、シャツを中に入れるのはダサい、となったのか?」
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20100218/p3
岡田さんの書き込みで興味が再燃したので、人力検索で皆さんにもお伺いしたいと思います。

体験談のほか、漫画やドラマなどの中で、XX年ごろにはXXXという人(キャラクター)はこんなふうだったよ、という情報も歓迎します。たとえばこんなふうに(笑)

1406420248
●拡大する


●質問者: gryphon
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 美容・ファッション
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
ベストアンサー

1970年代から“行儀の悪い人”はシャツを出していました。
1980年代の終わりにもシャツを出していたオシャレ?な人はいました。
しかし、シャツの裾をズボンの中に入れるのは“ダサい”となったのは1994?95年ですかね。

http://allez10.blog.fc2.com/?no=157

ズボンをシャツの中に入れなくなったのは1990年代に入ってから?
入れなくなったのはバブル崩壊後か、崩壊前か。
自分の写真見てみると中学まで(1990?1993)はまだ自分も周りも入れている。
一番最後にシャツをズボン入れている写真は高校1年の夏、相撲を観にいったときのスナップ。


この時期は、日本におけるヒップホップ(ラップ)の大流行と重なるので、これが大きな影響を与えていると思います。(テレビの影響は大きいです)
具体的には「英語以外のラップによるCD売り上げ記録」としてギネスブックにも掲載された、EAST END×YUR の『DA.YO.NE』の大ヒットを挙げます。
https://www.youtube.com/watch?v=OaWRc3PmlbM

1994年のヒットドラマ『君といた夏』(過渡期?)
http://www.nicozon.net/watch/sm18258575
http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4231/
f:id:MEI-ZA-YU:20140803011007p:image

1995年のヒットドラマ『愛してると言ってくれ』ではシャツを出している場面が多い。
https://www.youtube.com/watch?v=DqvFHOVsRn8
(ちなみに丸い裾でも出しています。↑ 10:33秒あたり)
https://www.youtube.com/watch?v=TR3fuNLNnM0
https://www.youtube.com/watch?v=uuvcof__v6I


gryphonさんのコメント
なるほど! 「日本におけるヒップホップ(ラップ)の大流行と重なるので、これが大きな影響を与えている」

2 ● ooharacho

こちら↓のオープニングでは、浜ちゃんがシャツの裾をズボンの中に入れていますね。

『ガキの使いやあらへんで』放送第11回(おそらく1989年12月12日放送)
https://www.youtube.com/watch?v=l06PmjiRraM


gryphonさんのコメント
「ガキ使」は長寿番組だから、OPの2人の服装を追うだけでほかにもいろいろ分かるかもしれないですね…

3 ● nakan0

あくまで個人的な体験ですが、私(1972年生れ)が物心ついた時にはすでに、シャツインはダサい、との認識でした。
学生服の夏服も、シャツを出しても後ろがベロンとしないものを買い求めておりました。
親や先生の世代の人たちは、シャツを出すのは行儀が悪い、ルーズだと認識していたようで、しばしばシャツを出すことに苦言を呈されました。

私が十代中頃に、ストレートジーンズに白Tシャツ、MA-1というようなアメカジが流行しまして、その流行に乗った人の界隈では、Tシャツなどのシャツはインして、ベルトのバックルを見せるようなファッションが普通だったと記憶しています。
どのカルチャーに属するかで、シャツのインアウトが決定されるとは思いますが、概ね、シャツはインしてた方が、上の世代からの反発が少なく、かつ動きやすく楽な故、オシャレという部分にリソースを割かない人がそれをしがち、という認識は元々あったんじゃないかなと考えます。

オタクと呼ばれるような人たちによる、アニメなどの何らかのコミュニティー集団が社会に認知され、その傾向(オシャレにリソースを割かない)が明らかになった時点で、シャツインがオタク臭い、ダサい、とみなされる様になったんじゃないかなと考えています。
オタクの社会的認知が先で、「シャツインがダサい」はそこから生まれたんじゃないかと思います。


gryphonさんのコメント
ふうむ、1972年生まれの人が「ものごころついたとき」だと、、他の人のコメントと合わせて考えると相当に流行に敏感でいらしゃったようですよ。

オドラテク(仮)さんのコメント
私は1971年生まれですが、回答の前半「親や先生の世代の人たちは、」以下に注意。いわゆる不良及びそのグレーゾーンの人たちの中での話で、一般的にはイレギュラーだったと思われます。「イレギュラーだからかっこいい」だったわけですね。 1990?2000年台には不良のファッションが所属する団体によって変わる様になりましたが、まだ「一部の若者の風俗」でした。 今のように老若問わず裾を出すようになったのは(意味の転換が進んだ)のは2000年台後半以降だったと思います。

オドラテク(仮)さんのコメント
横からすみません。

nakan0さんのコメント
なるほど。そうかも知れませんね。 地方都市の公立高校という部分で切り取った、個人的な一風景を、オタク起源説として一般化するのは無理筋でした。

gryphonさんのコメント
「親や先生の世代の人たちは、シャツを出すのは行儀が悪い、ルーズだと認識」<してましたよね。明示的に校則で禁止するところもあったようですし

4 ● yuu-namania

アニメがOKとの事だったので書かせて頂きます。
頭文字D(1995年連載開始)ではシャツを出しているシーンの方が多いですが、シャツを入れているシーンも確認できます。第1巻の表紙はシャツインでした。
http://www.amazon.co.jp/%E9%A0%AD%E6%96%87%E5%AD%97D-%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%82%ACKC-567-%E3%81%97%E3%81%92%E3%81%AE-%E7%A7%80%E4%B8%80/dp/406323567X
その他のシーンでもシャツインだったりします。
この辺が境目でしょうね。


gryphonさんのコメント
その作品は、一般の、特にヤンキー文化にも親しんでいる層にも人気の作品だから、その作品の考察はかなり面白いですね。

5 ● kanonymous

ファッション業界のデブオヤジが出っ張った腹が目立たない着方を流行らせたのです。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ