人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

うつなどに対して光療法というのがありますが、これはメラトニン抑制だけを目的としたものなのでしょうか?
自分が調べた限りではそれ以外の情報は見当たりませんでした。
メラトニン抑制以外の抗鬱効果が日光およびそれを模した照明装置にあるのか知りたいです。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

生活リズムが安定すると、精神も安定する。

それだけです。


2 ● 匿名回答2号

作用機序というものがあります。

午前中に一定量の日光などを浴びることによって、メラトニンの分泌を制御し、睡眠サイクルを安定させ、生活リズムを改善する。

たしかにこれが一次的な作用ですが、うつなどの場合はいくつもの副次的な要因が重なっているケースが多いので、二次的な作用が大いに期待できます。

睡眠不足の解消。
規則的な生活を取り戻すことによって得る精神安定。
不安感の抑制。
積極的な行動による意欲の活性化。

これらが複合的に働いて、うつ状態を改善することが光療法には期待されています。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ