人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

離婚の場合の財産分割について、日本、米国、欧州ではどうなっていますか。

日本は、夫と妻で二分の一に分ける。その根拠は、妻の貢献が、50%ということだそうが、
論理的な説明が難しいと感じます(下記の例のとおり)。日本は論理的な思考を重視しないので、こうなっているということでしょうか。
他方、欧米人は、日本に比べ、論理的な思考をする国という印象が私にはあるのですが、
米国や欧州で、この件が果たしてどうなっているか、教えてください。

(例1)野球選手のダルビッシュ選手みたいな高額所得者の収入は、本人の並外れた才能での所得と思えるが、実は、奥さんの貢献は50%ということが、法的な判断でしょうか。
(例2)専業主婦で考えた場合、普通の会社員の家庭での主婦業するのと、高給な会社員の主婦業をするのと、有名野球選手の主婦業をするのとでは、奥さんとしての労力では、野球選手の主婦業の金銭的評価が高いというのが法的な判断なのでしょうか。
なお、法的な判断ということは、裁判所つまり、日本の国家権力の判断と認識しています。



●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

勝手に半分といわれてますが、調停ってのがありますし
そこできめてる現状でいいんじゃないですかね。
結婚→離婚しただけでと簡単にいいますが、
お金持ちは気苦労も多いですよ。
ちょっとしたことでフォーカスだのゴシップ誌に記事書かれてましたよね。
ちょっとすごい人と結婚したからって痛くない腹をまいにちまいにちまいにちまいにちまいにちまいにち探られる立場になるの、ホントに一般の女性から考えるとめちゃくちゃ辛いとおもいます。
まして結婚して戸籍がなくなったりする人もいますからね。
財産分与もしてもらえないし、辛いだろうなーとおもいます。
これ日本です。男女しか結婚できないからそうなりますね。
もし男性と男性ならどうなるか。
女性保護の役割がいらなければどうなるか考えてみればいいですね。
現実的に、男性同士のカップルは、
くっついたりはなれたりかなり自由(=お行儀悪い)ことも多いときいていますが、それは
片方だけが「愛情による被害」をうけやすい原因になる性差がない状態だからでは。
女性を男性の欲望の対象に置く時点でどうしても保護がいります。

米では、すごうで弁護士がついてしまったほうが勝ちになるので、
有名人はどんなに愛し合った仲でも離婚時の財産分与は最大1億ね、
もし雑誌とかに都合のわるい秘密をもらしたらそのお金はなしよ。
などという契約をしてから結婚することがおおいですよ。
まあ一億でもたいしたもんだとおもいます。
欧はちょっといろいろありすぎます。カトリックだと離婚自体まだ罪だったりするとこあるんじゃないの。イスラムを国教にとってる国もありますしね。


匿名質問者さんのコメント
ご助言、参考例など有難うございました。 半分というのは、私が勝手に決め付けているわけではありません。 「半分です。さらに女性には色を付けて増やしてあげないといけない。 そうしないと、調停はまとまりませんよ」 と、頭から決め付けてくる弁護士さんっていませんでしょうか。 すくなくとも、私が、あたった弁護士はそうでた。 それで、日本はそうなっているのか、と思っていました。 調停でまとめたいなら、半分というのがお約束ですよ、 それが嫌なんて、あなた、判例を舐めているんですか、みたいな感じでした。 半分とすれば、すぐ話がまとまるということで、 わざと、そうしているのが、やり方かもしれませんね。 離婚案件は、弁護士にとって、つまらないでしょうから、 さっさと終わらせたい・・・。そしてたくさんの事案を処理したい。 つまり、私が弁護士に勝手に誘導されていたのかもしれない・・・

質問者から

欧米の普通の夫婦の離婚での財産分与が知りたいです。
有名人での、口止め料としての、財産分与とか、
急いで別れたい側(仕事への影響などあり、急いで別れたい)が色を付けるとか、
片方が凄腕弁護士とか、そういう話ではなくて、
一般の庶民の場合、実際、どう処理されているのであろうか、と思いました。
たとえば、貢献度というキーワードを使っているのなら、貢献度をきちんと測定するのではないか、一律50%ということはないのではないか、と思うので、質問投稿しました。
「一律半分、これが原則」という、日本のやり方はロジカルに詰めていくのが馴染まない日本独特のものであり、欧米とは違うのでは、と思われました。


2 ● 匿名回答2号
ベストアンサー

米国といっても、州によってちがうようです。

http://www.geocities.jp/fljp_law/fl/fl_rikion.htm
をみると、米国のフロリダ州では、財産分与は半々とのことで、
特有財産との扱いもないとのことです。有責・無責の考えもなく、
「破綻したから分かれる」という考えだそうです。

(追記)米国のカリフォルニア州についてです。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0929/351211.htm?o=0
の回答(同地での経験者)によると、
財産分与は半々。ただし、婚前契約があれば考慮する。
有責・無責の考えはない。
片方だけが稼いでいるときには、もう片方にalimony(扶助料と訳すようです)
を払う。


匿名質問者さんのコメント
有難うございます。 カリフォルニアでは、財産分与が半々なのですね。 自分があきらかに経済力がある場合は、籍を入れてはいけない、と思いました。 自分が男の場合、相手が妊娠しても認知ですませばいいです。 自分が女の場合も、認知してもらっえば十分です。 逆に、相手が経済力がある場合、籍を入れるべきですね。何かあったら半分取れます。 結婚するときは、このような態度をとっては、離婚の可能性を強く意識しているみたいで、 とても、いい関係は保てないと思いますけれど。 親として、また、伯父伯母叔父叔母として、そして、先輩友人としても、こんな助言できないです。 しかし、これは、適切な助言だと思います。 これって、何か変だなと思うのは私だけでしょうか。 ダルビッシュのお父さんは私から見ると、正常です。 いろいろな人がダルビッシュが 騙されたハメられたと感じていますが、これが裁判では通らないというのは、 裁判は、世間の常識と乖離しているのだと思われます。 もちろん、ダルビッシュの件について、違う意見の人もいるでしょうけど。 なお、ダルビッシュは天才野球選手ですから、金のことは考えないというのも「あり」だと思います。金のこと考える暇があったら、野球でもっともっともっと活躍してほしいですしね。

質問者から

日本には、在日韓国人の方がたくさんおられますね、
韓国は日本では考えられないくらい、男尊女卑で、年長者絶対で、
また、親が絶対権威を持つ国だと聞いております。
嫁が夫の親を侮辱したり、その面倒を見るのを拒否すると、相当、立場が悪そうです。
在日韓国人のカップルは、日本の法律に基づいて結婚し、また、離婚するのでしょうか。
それとも、本国の韓国法に基づいて、結婚したり、離婚したりするのでしょうか。

日本男性は、在日韓国人の女性と、韓国法に基づいて結婚すると有利で、
在日韓国人の女性は、日本人男性と、日本法に基づいて結婚すると有利。
・・・・みたいに感じますがどうなんでしょう。野次馬的な質問になってしまいました。済みません。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ