人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

小規模なシステム開発をする際
開発の、特に金額を見積もる方法というか その考え方

・工数ではなく金額
・「小規模な」開発

というところを踏まえておいてください。



例えばSIerに発注したらこのくらいの金額を請求されるだろう
ということを、先に推測したい、という質問です。

●質問者: tak
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

質問者から

では人月でも良いので、
開発に要する工数を見積もる方法などを教えてください。

※SIerがこのくらいと見積もる数字 を、予測する方法...です。


1 ● nazeka2014
●100ポイント ベストアンサー

システム開発の流れでいうと分かるかも。

1.まずクライアントから依頼を受けます。

あなたはRFI(情報提供依頼書)をシステム会社に対して作成します。

2.私はRFIからRFP(提案依頼書)を作成します。

あなたが私のRFPに同意すると,そのRFPから見積書を作成します。

見積もりは,RFPの機能案件に対しての機能ごとの見積もり金額を算出します。

算出方法は色々あるので各社に見積もりを依頼した場合にここで金額に差が生まれます。

機能見積もりの算出方法は主に3タイプあります。

1.類推見積法 ・・・過去からの経験で
2.ファンクションポイント法 ・・・過去の実績で
3.三点見積法 ・・・システムが成功する,システム会社が見込む利益,成功しないの中間点を取る方法などがあります。

過去に同じようなシステム案件を受けている会社の方がすでに過去のシステムの使い回しが出来るので安く作れます。

その過去のときに掛かった人月を元に,投入するエンジニアの人件費(月給いくらのエンジニアを投入するか)の人数+会社の利益率を掛けてあなたからお金を頂きます。

RFIとRFPがないシステム会社に依頼するのはオススメしません。

そういう小規模なシステム開発会社はサービスレベルアグリーメントなどの稼働率の保証契約もままならないというか無いです。

向こうが契約書を作るノウハウがないので,契約書類がなくて後で泣くことになります。

ちゃんとした会社は契約書が大量に作成されます。安い会社はそれなりです。

契約書の数が以上に多い会社の方が安心なので,金額+どういう契約書が発行されるのか聞くと目安になるでしょう。

ほとんどの中小企業のシステム会社は皮算用です。で,契約書類もかなり少ないです。

こんな長文を書いて,最後にURLを出せって?

まあ,PM(プロジェクトマネージメント)関連の本を読んで相手方の裏の働きを見てみるのも良いかもしれませんね。けど,客が詳しくなるとめんどくさいので読まないでください・・・

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ