人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

木下延由は、交代寄合だということですが、正式には、1664年からだと判断してよいでしょうか。Wikipediaで、「寛永19年(1642年)5月9日、父の遺領のうち速見郡立石5,000石を分知された(実際に許可されたのは寛文4年(1664年))」と書いていましたので。・・・ということは、幕府からの立場では、1642年から1664年までは、日出藩(木下藩)の中の、家臣という扱いなのでしょうか。そして、1664年からは、将軍の直臣として旗本になったということでしょうか。

1664年以前は、将軍家から朱印状を直接頂くのは日出藩主のみ(3万石としての朱印状)であったが、1664年からは、朱印状は、日出藩主が2万5千石で頂き、それとは別に、木下延由自身が別途、5千石として朱印状を頂く立場となったと、私は勝手に想像しております。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ