人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ゴミの分別での疑問: 紙製カップでヨーグルトの容器は再生不可ということで、生ゴミなどと一緒に捨てるということですが、プラスチックケースでヨーグルト容器であったものは、プラスチックゴミとしてゴミ出しします。

なぜなんでしょうか。
プラスチックの場合、チューブ式のもの(歯磨き個や、ジャムペースト、マヨネーズ)、その他の容器(ソース、バター、。。。)は、プラスチック容器でゴミ出しするようです。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:グルメ・料理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

蝋引きの紙は、再生の初期工程で熱をあまりかけないので、ヨーグルト容器は、衛生面の問題が出ます。
プラごみは、熱をかけて再生するので、衛生面の問題でません。


匿名質問者さんのコメント
再生の初期工程で、燃やしてしまうのではないのですね。再利用する関係から。 プラの場合は、熱で溶かしてしまうのですね。おそらく。 ありがとうございました。

2 ● 匿名回答2号

自治体によって扱いが異なると思いますが、紙カップはコーティングがされているので、再生は難しいです。できなくはないはずですが、プラコーティングなどははがして別にする必要があります。片面だけのコーティングなら、通常の再生過程で紙繊維を水に溶かしてしまえますが、両面だと難しいかも。

プラケースはそのままプラなので、何の問題もありません。
入っている中身は関係ないのです。ヨーグルトだろうがコーヒーだろうが、容器の性質次第です。


3 ● 匿名回答3号

自分のところでは、紙製容器包装として紙カップやボール箱は一緒に資源ゴミになっているので再生不可能ということはないでしょうが。
量がまとまらないと再生費のほうがかかってしまうので自治体によってはわけていないとおもいますよ。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ