人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

一部上場企業で課長や部長になれそうにないから40代から医学部にいくなど意味ありますか?医者になっても役職なしの平の勤務医がせいぜいですよね?平の勤務医でも一部上場企業の部長や課長と同じ地位とみなせるのでしょうか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:就職・転職
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答2号

医師 - Wikipedia

派遣を受けた医師は、国立病院に転属すれば「国家公務員」、公立病院に転属すれば「地方公務員」、私立病院に転属すれば「サラリーマン」、大学に戻り“研究生”“大学院生”などの名目で無給の労働力として使役される期間は「学生」と、転属先により身分が変遷する。また日雇い契約で雇われる場合は「フリーター」「非正規雇用」、僻地の診療所で一人医長に任命された期間は「管理職」と雇用階級も変遷し、数年おきに転属する。こういう身分の変遷は不安定で退職金も福利厚生もほとんどない。最近では、医療費削減に伴い、病院の経営状態が悪化し、多くの医師が「非正規雇用」か「管理職」のいずれかの身分で働くようになり、時間外手当もボーナスもなく、不当に長い労働時間を強いられている。


2 ● 匿名回答3号

No.2でも回答されているとおりの労働条件は、単に違法労働の横行ともとれますが、こうも解釈できます--- 医師の裁量権の大きさは通常の職場の管理職以上に相当しており、それに見合った労働条件であると。

というわけで「地位」の定義次第ですが、役なしでも課長職以上に相当すると言えます。

http://q.hatena.ne.jp/kzmmtsd/questionlist?type=jinriki

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ