人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

この文の内容は正しいですか?
そもそも人類が800年は持たないからな
いまもっともあり得るシナリオは二酸化炭素が500ppmを超えたあたりから
嫌気性の海洋バクテリアが異常に増え始めて最後は大気が酸欠状態になる
って奴だな
みんな窒息して死ぬ
いま300ppmだから順調に行けば、あと50年位で閾値超える
ID:r853QFOk0(7)

●質問者: wxyzwxyzw
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● hissssa
ベストアンサー

まったく間違っています。大気中の二酸化炭素濃度と嫌気性バクテリアの繁殖には直接の関係はありません。そもそも「嫌気性」とは酸素のあるところでは生きられないという事であり、二酸化炭素濃度がどれだけ上がろうと酸素がなくならない限り増えません。
微好気性バクテリアであれば、二酸化炭素濃度が増えた環境で良く繁殖しますが、それは二酸化炭素濃度が10%以上といった非常な高濃度の場合です(ppmで言えば10万ppm以上)。地球の大気の平均二酸化炭素濃度をそんな値にするのは、地球上の全ての炭素を燃やし尽くす位のことをしないと不可能です。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ