人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ウインナーソーセージの皮は、何でできているのですか。まるでビニールのように見えますが、フライパンで熱しても溶けませんし、ビニールのわけがありません。
もともとは、動物の腸であったかもしれませんが、現在では何を使っているのでしょう。

なお、腸というものは、ビニールみたいな感じなのでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:趣味・スポーツ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

主に動物の腸を用いるほか、人工(コラーゲン、プラスチック、セルロース製)のものもある。
ケーシング - Wikipedia

ソーセージの皮には、そのまま召し上がれるものと、取り除いていただくものがあります。
そのまま召し上がれるものは、「天然腸※1」や「コラーゲンなどでできた人工のケーシング※2」などがあります。
取り除いていただくものには、セロハン・ビニール・紙などでできたものがあります。
日本ハム | よくあるご質問 - 商品の製法や規格、表示(マーク)について


匿名回答2号さんのコメント
ちなみに、あの折るとぱきっと音のするコマーシャルをしているシャウエッセンは食べられるセルロースケーシングという特殊なものをつかってたはず

匿名回答2号さんのコメント
腸はバイオリンの弦にもつかわれる、ビニールっぽいといえばそんな感じのものです
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ