人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

わたしの現在の大まかな年齢・性別・性格・趣味をあてられるかい?
なんなら名前も当ててみたまえ!

出身は東京に近い神奈川だ。あいつが保育園頃は丁度放送が始まったポケモンが一番好きだったかな。当時好きだったポケモンはリザードンだよ。ヒトカゲもかわいいしね。小学生の頃はよく外で鬼ごっこをしていたかな。あぁいろんなものを交換するのも流行っていたね。うちは片親で祖父と母親と暮らしているんだけど、小学校卒業と同時に長崎へ引っ越してね。その後も何度も引っ越したから今まで4回とも友人と同じ学校に入学できたことはないよ。好きな教科は歴史で、インドアな趣味が多い。休みの日はよく文豪や偉人のゆかりの地をめぐっているよ。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:人生相談 ネタ・ジョーク
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

血液型Aの男性。
イニシャルK。
20歳?22歳。
キリスト教の影響を受けている。


匿名質問者さんのコメント
なかなか面白い解答だ!もうすぐ正解を発表する!

2 ● 匿名回答2号

66歳

性格は動物か変態に近い。
趣味はギャンブル、何度か捕まったことがある。

父・鹿之助は遠洋漁業の漁師で、兄も船に乗っていた。

中学時代はいじめに悩んでいた。不良グループから強制的にグループ入りさせられ、使い走りや、持参した弁当をご飯と梅干しだけの日の丸弁当に無理矢理交換させられたり、また、学校で事件が起こると、その不良グループの責任にさせられ、蛭子も濡れ衣を着せられることがあったという[2]。

本来はグラフィックデザイナー志望であったが、高校卒業後に看板店に就職[1]。4年半勤務した後[3]、1970年に無断で上京する。

ちり紙交換やダスキンのセールスマンなどの職に就く[1]。

また、映画監督を目指し、同時期にシナリオ学校に通っていたこともある[1]。

『月刊漫画ガロ』(青林堂)1973年8月号掲載の「パチンコ」で漫画家デビューした[1]が、青林堂の慢性的な経営不振により原稿料は出なかった。

その後一時期、漫画家を辞めていたが、1970年代後半、高杉弾、山崎春美らの依頼により自動販売機本に漫画を執筆したのをきっかけに再び描き始め、ガロ以外の媒体へも進出。つげ義春や前衛映画に影響された、シュールで不条理なギャグ漫画を描くようになる。自身の趣味でもあるギャンブルについての4コマ漫画、あるいは暴力的なモチーフを多用して内面のダークな世界も描いている。また、推理作家・吉村達也の初期のサラリーマン小説にも挿絵4コマを書いている。絵は決して上手とは言えないながらも「ヘタウマ」という作風で注目される。

その一方、1976年から劇団東京乾電池の旗揚げに参加。俳優として舞台活動もこなし、テレビドラマ『教師びんびん物語II』への出演を皮切りにテレビにも進出、近年は特異なキャラクターを活かした芸能活動に比重を移し、多くのバラエティ番組に出演している。

2003年、短編映画『諌山節考』で映画監督としてデビュー。この作品は元々、シンガーソングライター・諫山実生のプロモーションビデオとして作られたものである。監督第二作目は2007年の『歌謡曲だよ、人生は』の「いとしのマックス/マックス・ア・ゴーゴー」(脚本も兼任)。

2008年には、『ガロ』の後輩漫画家で蛭子ウォッチャーでもある根本敬からの依頼で、漫画共作ユニット「蛭子劇画プロダクション」を結成。

2011年、故郷・長崎の長崎歴史文化博物館において初の個展『えびすリアリズム -蛭子さんの展覧会-』を開催。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9B%AD%E5%AD%90%E8%83%BD%E5%8F%8E


匿名質問者さんのコメント
もう某漫画になってしまったな!笑。だが最高に良い答えだ。わたしもこうなりたいものだ!

3 ● 匿名回答3号

ゆとりかわいいよゆとり

「あられるかい?」の一言からそう言う以外にはないですね。
残念至極!


匿名質問者さんのコメント
あらっれったい?あられるかい?あってっかい?は引っ越しにまつわるヒント!しかしわかりにくいようだ…方言はショートカット。神奈川・長崎だけにしよう!君は生粋の都会っ子かい?

匿名質問者さんのコメント
O/Tよ。君は面白い人物なようだ。しかし、ゆとりは君自信で、もしかすると社会人ではないな?外に出ないインドア派・・・同じだね。最高に良い解答だ。感謝する!

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ